【12/7 朝イチ!】師走に入って一番の寒気!4日振りに真冬日

昨日は師走に入って、一番の寒気が北日本に入り、日最高気温が0度未満の「真冬日」になった地点が、12月2日以来、4日振りに48地点あり、寒さが戻りました。日最深積雪の一番多い、北海道上川地方朱鞠内で、12月5日の74センチから6日は83センチと、9センチ増え、11月29日以来、減り続けていた積雪が7日振りに増えました。また、北陸では遅れていた初雪の便りが、昨夜、新潟から届きました。これは平年(11月24日)より12日遅く、昨年に比べると11日早い観測でした。

7%e6%97%a515%e6%99%82%e3%81%ae%e9%99%8d%e9%9b%aa%e3%81%ae%e4%ba%88%e6%83%b37日15時 降雪の予想
(オレンジ色の地域)

(2016年12月7日 06:00更新)



トミーです。今日は二十四節気の一つ「大雪」(たいせつ)です。「小雪」から14日目に当たり、寒さが増し、平地でも雪が降る頃で、本格的な冬の到来という意味です。また、今年もお騒がせした熊も冬眠する頃で、スキー場のオープンもこの頃からで、南天の実が赤く色づく時期です。今日は西日本と東海では平年並の初冬らしい気温ですが、関東甲信越から東北、北海道では、暦に合わせるように気温が下がり、12月下旬~1月上旬の頃の寒さになる見込です。暖かい服装でお出かけ下さい。

12%e6%9c%887%e6%97%a5%e3%81%ae%e4%ba%88%e6%83%b3%e6%9c%80%e9%ab%98%e6%b0%97%e6%b8%a97日の予想最高気温

 %e5%8d%97%e5%a4%a9%e3%81%ae%e5%ae%9f%e2%91%a1
南天の実

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。