【12/2 朝イチ!】真冬日が11日振りに解消

昨日は、低気圧が日本海を発達しながら通過し、南から暖かい空気が入ったため、全国的に気温が上がり、日中でも0度未満の真冬日が11月30日には全国で86か所もあったのが、昨日12月1日は11月20日以来、11日振りにありませんでした。特に北海道各地の最高気温は10度近くまで上がった所が多く、11月20日以来の高温で、平年より5度~6度も高くなりました。最高気温が札幌10度5分、室蘭10度2分、函館9度7分、釧路9度1分、旭川6度9分などでした。

12%e6%9c%881%e6%97%a521%e6%99%82%e3%81%ae%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%9b%b312月1日21時の天気図
(H:高気圧、L:低気圧)

また、この暖かい陽気で積雪も減った所が多く、11月30日には積雪20センチ以上の所が35か所あったのが12月1日は27か所に、50センチ以上の所も9か所から6か所に減り、上川地方朱鞠内では11月30日に105センチあった積雪が98センチと、11月25日以来、7日振りに100センチを下回りました。

この他、低気圧や前線の影響で、1時間降水量が、沖縄県北大東で59.5ミリ、旧東で36.5ミリ、北海道上川地方知方学で13.5ミリ、上川地方中川で8.0ミリで、いずれも観測以来、12月としては一番多い降水を観測しました。沖縄県北大東では日降水量も77.5ミリで観測以来一番多い記録を更新しました。

(2016年12月2日 08:00更新)



トミーです。師走のスタートは全国的に曇りや雨の、あいにくの天気でしたが、気温が上がり寒さが一服しました。しかし、今日は一転、冬の天気分布で太平洋側では回復し、冬晴れの所が多いですが、日本海側ではシグレて曇りや雨か雪の所が多く、北海道の日本海側では暴風雪になり、今夜から急に気温が下がり寒くなる見込です。気温の変動が大きいのでインフルエンザや風邪など体調の管理に注意してお過ごし下さい。昨日発表された1か月予報では、12月上旬の気温は、沖縄~西日本と東海では平年より高くなりますが、関東甲信・北陸から北日本では平年並の予報で、北日本の寒さは一時的に解消する予報です。

12%e6%9c%882%e6%97%a59%e6%99%82%e3%81%ae%e9%a2%a8%e3%83%bb%e5%a4%a9%e6%b0%97
2日8時の風
(ペナントは平均風速10メートル以上)

12%e6%9c%883%e6%97%a5%ef%bd%9e9%e6%97%a5%e3%81%ab%e5%b9%b3%e5%9d%87%e6%b0%97%e6%b8%a9%e4%ba%88%e6%b8%ac12月3日~9日の平均気温の予想
(白色:平年並、黄・橙・赤色:平年より高い)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。