【11/28 朝イチ!】小春日和はきょうまで

今日は、旧暦(陰暦)の10月29日に当たり、明日は11月1日になります。このため、「小春日和」が使えるのは今日までになります。小春は、陰暦10月の別称で、小(こ)六月とも言い、現在の太陽暦では晩秋11月頃から初冬12月上旬頃に相当する時期に当たります。この頃、穏やかに晴れて、日向では暖かい日を「小春日和」と言います。旧暦では冬は10~12月になり、俳句では小春日和は冬の季語になります。また、旧暦は月の満ち欠けを利用した太陰暦で、小春の期間も新月から新月までの期間になり、新暦の太陽暦では毎年ズレて、昨年は11月12日~12月10日でしたが、今年は10月31日~11月28日、来年は11月18日~12月17日で、毎年半月位の変動があります。

dc132

現在の太陽暦では、12月から冬の季節に入り、晴れると「秋晴れ」から「冬晴れ」になりますが、暖かい晴天の日は、「冬暖(ふゆあたたか)」とか「冬日和(ふゆびより)」などと呼ばれます。北日本では紅葉の季節は終わりますが、東日本から西日本の平地では、見頃を迎える季節になります。
dc141

 (2016年11月28日 07:30更新)


トミーです。 この他、沖縄では、まだ日中の最高気温が25度を超える夏日の日が多いため、春より暖かいので「小夏日和」と呼んでいます。海外でも、「小春日和」に相当する言葉として、本格的に寒くなる前の穏やかに晴れた日は、アメリカでは「インディアンサマー」、ドイツでは「老婦人の夏」、ロシアでは「女の夏」、イギリスでは「聖マルタンの夏」など言います。いずれも「夏」の表現になっていますが、日本より寒い地方で、暖かな小春日和は、欧米では夏に当てはまるということから来ているようです。今年は、例年より早い寒波の襲来などで「小春日和」を実感する日が少ない晩秋でした。今日も冬型で、九州や太平洋側では秋晴れが戻りますが、日中の気温は平年並か少し低めの所が多く、木枯らしも吹いて、体感的には気温より寒く感じ、残念ですが「小春日和」という感じの所は少ないでしょう。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。