【11/16 朝イチ!】北日本は再び冬の寒さ

低気圧がオホーツク海で急速に発達し、日本付近は久し振りに強い冬型になり、昨日から各地で木枯らしが吹いています。愛知県セントレア(中部空港)では、昨日の日最大風速が北西19.1メートルを観測し、11月としては2006年の19メートルを超えて一番強い風が吹きました。しかし、冬型は長続きせず、日中は移動性高気圧に覆われ、沖縄から西日本と東日本では風も弱まり穏やかな秋晴れになる見込です。東北から北海道の太平洋側でも晴れる所が多いでしょう。一方、新潟県から北海道の日本海側ではシグレて、曇りや雪か雨が降り易く、秋田県から北では雪が降り、東北北部の山沿いでは雪の積もる所もあるので注意して下さい。

11%e6%9c%8816%e6%97%a515%e6%99%82%e4%ba%88%e6%83%b3%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%88%86%e5%b8%8315時の予想天気分布
(水色:晴れ、灰色:曇り、緑・赤色:雨、赤枠・黄色:雪)

ひまわりの雲画像では、北陸~北日本にかけては筋状の雲が見られ、寒気も南下していることが分かります。今日の日中は、沖縄から鹿児島・熊本県では平年より高く、その他の西日本から東海・関東では平年並の涼しさに戻る所が多いでしょう。一方、北陸と東北から北海道では、平年より3度~6度も低く、11月下旬~12月中旬の初冬の頃の寒さになる所が多い見込です。暖かい服装でお出かけ下さい。
11%e6%9c%8816%e6%97%a54%e6%99%8230%e5%88%86%e3%81%b2%e3%81%be%e3%82%8f%e3%82%8a

4時30分のひまわり雲画像

(2016年11月16日 4時30分更新)



トミーです。北日本を中心に週末までは平年を下回る寒さが続き、来週にかけ寒暖の変動が大きくなります。一方、沖縄・奄美では引き続き気温が高く、26度~29度と、この時期としてはかなり高く、農作物などの管理に注意する必要があります。また、これからはインフルエンザが流行する季節になります。インフルエンザは予防接種してから2週間後位から効果が出ると言われ、この時期としては早めに行うことをお勧めします。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。