【11/11 朝イチ!】西日本からも初冠雪の便り

昨日は西日本では最初になる、初冠雪の便りが、滋賀県彦根から比良山(平年より9日早く、昨年より38日早く)と鳥取県鳥取から扇ノ山(オオギセン 平年より4日早く、昨年より17日早く)から届きました。いずれも9日に降った雪が10日朝に山頂付近がうっすらと白く見えたとのことです。

11%e6%9c%8810%e6%97%a5%e6%af%94%e8%89%af%e5%b1%b1%e3%81%a7%e5%88%9d%e5%86%a0%e9%9b%aa
比良山の初冠雪

11%e6%9c%8810%e6%97%a5%e6%89%87%e3%83%8e%e5%b1%b1%e3%81%a7%e5%88%9d%e5%86%a0%e9%9b%aa
扇ノ山の初冠雪

この他、初霜の便りが仙台(平年と同じ)と甲府(同 6日遅い)から、初氷の便りが宇都宮(平年より3日遅く)、水戸(同 3日早く)、甲府(同 2日遅く)から届いています。季節の便りも北関東から内陸の山梨県や長野県まで`達し、これからは南関東や東海・北陸、西日本へと南下して行きます。

(2016年11月11日 4時30分更新)



トミーです。昨日、気象庁から11月12日~12月11日までの1か月予報が発表されました。これによると、晩秋から初冬にかけては西ほど気温が高く、北海道は引き続き低く、北冷西暖の傾向が続く予報です。

11%e6%9c%8810%e6%97%a51%e3%81%8b%e6%9c%88%e4%ba%88%e5%a0%b11か月予報の平均気温の傾向
(赤系:平年より高くなる、青系:低くなる確率)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。