【11/1 朝イチ】北日本各地で今季一番の積雪

昨日も、北日本の上空には初冬並の寒気が居座り、低気圧の通過で北海道はじめ東北でも、この秋一番や初めての積雪を観測しました。多い所では10センチを超えて、10月としては記録的な積雪になった所もあります。また、北海道南部や東北でも初めて積雪を観測していますが、東北の秋田県鹿角は標高123m、岩手県奥中山は標高430mで、いずれも山沿いの地点です。

10%e6%9c%8831%e6%97%a5%e7%a9%8d%e9%9b%aa%e5%9c%b0%e7%82%b910月31日 積雪1センチ以上を観測した地点

また、昨日は盛岡から平年より4日遅く(昨年より8日遅く)、山形から平年より1日早く(昨年より12日早く)初氷を、山形からは平年より1日遅い(昨年より12日早く)初霜の便りが届いています。この他、北海道を中心に、昨日はアメダスの30地点で、10月としては過去一番低い最低気温を更新しています。最も低かったのは根室地方中標津の氷点下8度8分で、30日に釧路地方標茶で観測された氷点下8度3分を下回り、この秋一番低い気温になっています。

(2016年11月1日 4時更新)



トミーです。旭川温泉クロスカントリースキーコースでは、積雪60センチ超えて、例年より2週間も早く、全長7.5キロのコースのうち2.5キロで滑走可能になったとのことです。先週発表された1か月予報では、北海道では平均気温は「低く」、降水量は日本海側では「平年並か多い」予報が出ています。北海道の日本海側では早めにスキーシーズンの到来が期待されます。なお、昨日31日は旧暦の10月1日に当たり、11月28日の旧暦10月29日まで、旧暦の10月の期間は、穏やかに晴れて、暖かい日を「小春日和」と言います。ここしばらくは、全国的に気温が低い予報で、「小春日和」を感じるのは週末以降になりそうです。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。