風台風に警戒!

今日は台風の影響で、沖縄本島から関東・北陸で、曇りや雨の所が多く、西日本や東海では雨が降り易いでしょう。一方、東北から北海道は日中、秋晴れになる見込です。

10%e6%9c%885%e6%97%a521%e6%99%82%e4%ba%88%e6%83%b3%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%9b%b321時の予想天気図
(H:高気圧、STS:強い台風、TD:熱帯低気圧、FOG:霧)

%e6%b0%97%e8%b1%a1%e5%ba%8110%e6%9c%885%e6%97%a5%e5%a4%a9%e6%b0%97%e4%ba%88%e5%a0%b15日の天気予報

台風18号は強い勢力を保って、対馬海峡から昼には日本海に入り、今夜遅くには北陸に接近し、明朝にかけ上陸する見込です。台風が近くを通過する対馬では昼前まで、また、夕方に最接近する隠岐では午後~宵の内にかけ暴風域に入り、暴風・大雨・高波・高潮などに厳重な警戒が必要です。台風は当初の予報から北よりのコースを取り、日中は陸から離れて日本海を東進し、夜には北陸に接近します。午前中は九州で、昼前から午後にかけ中国・四国で、夕方から今夜にかけ近畿や東海・北陸で、南よりの風が、瞬間では沿岸で30メートルを超え、陸上でも30メートル前後吹くので警戒して下さい。(トピック「九州北部に台風接近」参照)

10%e6%9c%885%e6%97%a56%e6%99%82%e3%81%ae%e5%8f%b0%e9%a2%a818%e5%8f%b7%e4%ba%88%e6%b8%ac6時の台風18号の進路予測

また、雨は台風の外側の強い雨雲がかかり、九州から東海にかけて一時的に激しく降る所があり、海はシケて、九州から近畿・北陸では太平洋側や日本海側で大シケになり、瀬戸内海や大阪湾、伊勢湾でも高波に警戒して下さい。

10%e6%9c%885%e6%97%a515%e6%99%82%e3%81%ae%e9%9b%a8%e9%9b%b2%e4%ba%88%e6%83%b315時の雨雲の予想

%ef%be%97%ef%bd%b2%ef%be%8c10%e6%9c%885%e6%97%a515%e6%99%82%e6%b3%a2%e9%ab%98%e4%ba%88%e6%b8%ac%e5%88%86%e5%b8%8315時の予想波高分布
(九州~山陰は5m以上)

日中の気温は、昨日ほどではありませんが、九州から関東・北陸では、まだ平年より高めで、西日本と東海・北陸では30度近くまで上がり、関東甲信でも25度前後まで上がり、蒸し暑さが続く見込です。一方、東北は平年並ですが、北海道では平年より低く、10月中旬~下旬の頃の肌寒さになるでしょう。

%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%9510%e6%9c%885%e6%97%a5%e4%ba%88%e6%83%b3%e6%b0%97%e6%b8%a95日の予想気温

(2016年10月5日 7時30分更新)



トミーです。台風は今夜遅くから明日早朝にかけ、石川県・新潟県から山形県付近に上陸する可能性があります。上陸後は急速に弱まり、朝までに温帯低気圧に変わり、三陸沖に抜ける見込です。このため、今夜から明日の昼にかけて、関東甲信から東北でも風雨が強まるので注意が必要です。

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。