【11/30 朝イチ!】全国的に曇りや雨か雪 北日本一転「真冬並」の寒さ

オホーツク海北部に発達した低気圧があり北日本では強い冬型になっています。一方、東シナ海から本州の南の海上には前線が停滞し、沖縄から東日本は下り坂です。

予想天気図

沖縄本島と東北の太平洋側と北海道東部では日中いっぱい晴れる所が多い他は全国的に曇りや雨か雪の所が多く、特に北海道の日本海側では雪で、昼前にかけ暴風雪や大雪に警戒して下さい。

12時の降水予測

日中の最高気温は、沖縄・奄美は平年より高い他は昨日より低くなり、西日本は平年並に、東日本は師走並の肌寒さになり、北日本は平年より4℃~8℃も低く、年末から真冬並の厳しい寒さになる見込みです。

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
強い冬型で北海道の日本海側は雪で4時現在、石狩北部・留萌地方に暴風雪、上川中部地方には大雪警報が発表されています。昼前まで暴風や大雪に警戒して下さい。東北の日本海側は下り坂で午後は次第に雪が降りやすくなる見込みです。一方、東北の太平洋側と北海道東部やオホーツク海側では晴れる所が多いでしょう。

12時の予想天気分布

日中の最高気温は、東北で昨日に比べ5℃~10℃、北海道では10℃~15℃も下がり一転、年末~真冬並の厳しい寒さになる見込みです。北海道は氷点下の「真冬日」(稚内-6℃、旭川ー4℃、札幌・網走-2℃、函館-1℃、釧路1℃)になり、この秋一番の寒さになる所が多いでしょう。東北も年末~1月頃の厳しい寒さ(青森2℃、秋田・盛岡4℃、仙台8℃、福島9℃)になるので防寒対策をしてお出かけ下さい。

西日本・東日本(九州~関東甲信)
南海上に停滞する前線の影響で九州~関東の太平洋側では広い範囲で曇って、今朝は九州南部から四国・近畿南部の太平洋側ではすでに雨が降り始めています。一方、山陰から北陸の日本海側は冬型の影響で曇りや雨で、鳥取県・兵庫県北部や新潟県では雨の降っている所があります。今日は曇りがちですっきりしない天気の所が多く、各地で小雨の降る時があるのでお出かけの時、雨が降っていなくても傘を持つと安心でしょう。

12時の予想天気分布

日中の最高気温は、名古屋や甲府で16℃で11月中旬の頃、西日本は平年並の肌寒さ(松江14℃、京都・広島・福岡・熊本15℃、大阪16℃、鹿児島17℃、高知18℃)に戻るでしょう。一方、関東甲信と北陸で昨日より4℃~8℃も下がり一転、12月中旬~1月上旬の頃の寒さ(新潟6℃、長野8℃、金沢11℃、東京・さいたま12℃、横浜13℃、前橋15℃)になるので冬の服装でお出かけ下さい。

沖縄・奄美(沖縄・奄美諸島)
沖縄本島と南大東島で日中いっぱい晴れる他は曇りがちの所が多く、夜は沖縄本島や先島諸島では雨の降る所があるので遅くなる方は注意して下さい。

12時の予想天気分布

日中の最高気温は、平年より2℃~4℃高い10月中旬~11月中旬の頃(名瀬23℃、那覇・南大東島27℃、石垣島29℃)で、沖縄は25℃以上の夏日で、蒸し暑さや汗ばむ位の陽気が続く見込みです。



トミーです。11月最後の日ですが今日も全国的に曇りや雨の所が多く、全般に秋晴れの少ない晩秋でした。
明日から12月で季節は冬になります。今日の雨を境に週末にかけては西日本でも気温が下がり寒い師走の入りになりそうです。また、最新の1か月予報では12月の気温は、沖縄・奄美は平年並か高めですが、西日本は平年並、東・北日本は平年より低い予報で、沖縄・奄美を除き初冬らしい寒さの日が多い見込みです。一年の締めくくりの月で何かと忙しくなる師走は風邪やインフルエンザが流行しはじめる季節になります。体調の管理に注意してお過ごし下さい。

昨日は広島・新潟からイチョウの落葉、仙台・熊谷・熊本から平年より6日~11日遅くイチョウの黄葉、東京から平年より2日遅く、金沢から8日遅く、福井から7日遅く、静岡から6日早く、熊本からは3日早くイロハカエデの紅葉の便りが届いています。また、佐賀からは平年より38日も早くスイセンの開花の便りも届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。