【11/20 朝イチ!】寒さ続く 真冬並の寒さになる所も

きょう月曜日は、山陰から北の日本海側で雨や雪が降り易く、新たな寒気が流れ込む午後は、北陸から北の日本海側で雷を伴ったり、降り方が強まる所もありそうです。太平洋側でも晴れる所は少なく、雲が広がり易いでしょう。なお、今朝は全国的に昨日の朝より気温が下がり、今シーズン一番の冷え込みになっている所も多くなっています。朝の通勤・通学は寒さ対策を万全にしてお出かけ下さい。

予想天気図

北日本(東北・北海道)
日本海側を中心に雪が降り、積雪がさらに増えたり、吹雪になる所もあるでしょう。車の運転など注意が必要です。また東北の日本海側では雷を伴う所もありそうです。太平洋側も北海道で晴れる他は雲が広がり易く、東北では夜になると雪の降る所があるでしょう。

12時の予想天気分布

日中は12月中旬~1月並の寒さが続くので、万全の防寒対策をしてお出かけ下さい。

東日本(東海・北陸・関東甲信)
日本海側を中心に雨や雪が降るでしょう。太平洋側も雲が広がり易く、午後は一部で雨のパラつく所もありそうです。また日本海の低気圧が近づいてくる影響で、夕方以降は北陸や岐阜・長野県で雷を伴ったり、降り方が強まる所があり、山沿いを中心に積雪が一気に増える恐れもあるので注意して下さい。

15時の予想天気分布

18時の降水予想(北陸で降り方が強まる)

日中は12月下旬~1月並の寒さになるでしょう。特に昨日より日差しが少なくなる関東甲信では気温が上がらず、平野部でも10℃に届かない所がありそうです。昨日以上に防寒対策をしてお出かけ下さい。

南西諸島・西日本(沖縄~近畿)
九州北部や山陰では雨や雪が降り易く、山陰東部や近畿北部では平地でも初雪になる所があるかもしれません。この他の地方も雲が広がり易く、局地的に雨の降る所があるでしょう。

12時の予想天気分布

日中の気温は沖縄で20℃~25℃で12月上旬並、九州から近畿では12月中旬~1月並の寒さになるので、コートやマフラーなど、冬の装いでお出かけした方が良さそうです。



アルスです。先週半ばの寒気で東北の各地から初雪の便りが届きましたが、この土日の、さらに強い寒気で、東北南部の太平洋側や北陸からも初雪の便りが届きました。今夜にかけて、再び強い寒気が流れ込むため、今日は山陰や近畿北部でも初雪の所がありそうです。寒さが続くので、体調を崩さないようにして下さいね。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ストレスがたまると窓際席指定で航空券をゲットし、上空から雲を眺めて自分を癒す。最新の気象知識を得るための努力を常に怠らず、気象現象はできるかぎり“体感”を心がけ、動画配信サイトでも常に気象関連の動画をチェックするという天気集中生活を送る。夜勤明けのビールがココロとカラダに染みる今日この頃。