【11/11 朝イチ!】北日本は大荒れ、全国的に木枯らしが吹く

週末ですがあいにく、北海道付近の低気圧が急速に発達しながらオホーツク海に向かうため、北日本を中心に大荒れの天気になるので警戒して下さい。沖縄・奄美と山陰から北海道の日本海側は曇りや雨のシグレ模様になる所が多く、北海道では夜にはミゾレや雪に変わる所があるでしょう。一方、九州は朝から、西日本から北海道の太平洋側は回復に向かい、日中には秋晴れが戻るでしょう。

予想天気図

全国的に朝までは南西の風が、午後は北西の風が強まり、新潟県から北の日本海側の海は暴風が吹き、大シケになるので警戒して下さい。また、山陰~北陸と関東から北海道の太平洋沿岸とオホーツク海沿岸でもシケ模様になるので注意して下さい。

12時の予想波高図

北陸~北の日本海側と
関東~北の太平洋側はシケ模様

日中の最高気温は、今日はまだ平年並の所が多く、東北~北海道は10℃~15℃(札幌10℃、仙台15℃)、九州~関東は15℃~20℃(東京20℃、新潟13℃、名古屋・大阪18℃、広島・福岡17℃)、沖縄・奄美は25℃~27℃(名瀬25℃、那覇26℃)でしょう。ただ、午後は「木枯らし」が吹いて体感的には気温より寒く感じ、夕方以降は急に気温が下がるので服装に注意してお出かけ下さい。

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
北海道北部を急速に発達中の低気圧が通過し、午後は強い冬型の気圧配置になります。このため、日本海側では雨の降っているところが多く、今日は雨模様が続き、雷雨で強く降る所もあるので注意して下さい。太平洋側でも昼前まで前線の通過などで一時雨の降る所が多い見込みです。

9時の降水予測

午後は冬型の気圧配置が強まり、日本海側では引き続き雨模様の所が多く、夜には北海道の内陸と東北の山沿いや山地ではミゾレや雪に変わるので注意して下さい。

12時の予想天気分布

西日本・東日本(九州から関東甲信)
九州は一日秋晴れですが、発達中の低気圧に伴う活発な寒冷前線が昼前にかけ本州を南下するため、西日本の太平洋側は明け方まで、東日本の太平洋側は昼前まで一時的に雨の降る所があるでしょう。

9時の降水予測

しかし、日中は急速に回復し太平洋側では秋晴れになる所が多い見込みです。一方、山陰~北陸南部は午後でも雲が多く、新潟県・長野県北部と関東の北部山沿いでは曇りや雨でシグレ模様が続くでしょう。

12時の予想天気分布

沖縄・奄美
奄美諸島や沖縄本島・大東島では曇りがちの天気ですが、先島諸島はあいにく一日雨が降り易いでしょう

12時の予想天気分布

今日のヒトコト

発達中の低気圧が北海道北部からオホーツク海に向かい、午後は冬型の気圧配置が強まる見込みです。このため、新潟県から北日本の日本海側を中心に大荒れの天気が続くので暴風や高波に警戒して下さい。また、シグレ模様で雨の降り易い天気も続く見込みです。



トミーです。11月9日に気象庁から「異常天候早期警戒情報」が発表されました。これによると、北海道を除き11月15日頃から約1週間(21日頃まで)は、平均気温が30%以上の確率で「かなり低く」なる予報が発表されました。週間天気予報を見ると。11月16日の予想気温は、札幌:最低0℃・最高2℃、仙台4℃・11℃、新潟4℃・10℃、東京7℃・14℃、名古屋と大阪5℃・13℃、広島4℃・13℃、福岡7℃・14℃、鹿児島7℃・16℃、那覇18℃・22℃で、初冬の寒さになる予報です。冬支度を早めにするようお勧めします。

11月9日発表「異常天候早期警戒情報」
青色:「かなり低い」地方

昨日は福島からイチョウの落葉、新潟・高知からイチョウの黄葉、津からはサザンカの開花、盛岡・水戸から初霜、宇都宮から関東で最初の初氷の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。