【10/16 朝イチ!】きょうも肌寒く 関東は12月並の寒さの所も

きょうも九州から関東は曇りや雨の天気で、日中は肌寒かった昨日よりさらに低くなる所が多く、特に関東甲信では12月並の、冬を思わせるような寒さになる所が多いでしょう。

予想天気図

九州から関東は傘の手放せない一日
きょう日差しがあるのは沖縄と東北北部から北海道で、その他の地方は曇りや雨の天気が続くでしょう。特に西・東日本の太平洋側は止み間がほとんどなく、雨が降り続きそうです。

12時の予想天気分布

各地の最高気温 
関東甲信
最高気温は朝までに観測される所が多く、日中は朝より気温の下がる所が多いでしょう。昨日の日中と比べると3℃~5℃も低くなるので、昨日より暖かい服装でお出かけしたほうが良さそうです。体調管理にも注意して下さい。

九州から北海道(関東甲信のぞく)
昨日と同じか少し低くなり、九州から東海で15℃~20℃、東北は15℃前後、北海道は10℃~15℃の所が多いでしょう。10月下旬から11月並の肌寒さになるので、今日も暖かくしてお出かけ下さい。

沖縄・奄美
30℃以上の真夏日になる所が多いでしょう。平年と比べると4℃前後も高く、真夏並の暑さが続き、特に先島諸島では33℃前後まで上がり、厳しい暑さになる所もありそうです。暑さ対策をしてお過ごし下さい。

12時の予想気温分布

 



アルスです。秋雨前線と高気圧の間に入る西日本から東日本の太平洋沿岸では、等圧線の間隔が狭く、風が強く吹くので、海上は波が高くなるでしょう。特に紀伊半島沖から伊豆諸島・関東沿岸ではシケる所もあるので注意が必要です。また、先島諸島や沖縄本島の太平洋側でも、東からの風やウネリで、波が高い状態が続くので注意して下さい。

15時の予想波高

紀伊半島沖から関東沿岸でシケる所も

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ストレスがたまると窓際席指定で航空券をゲットし、上空から雲を眺めて自分を癒す。最新の気象知識を得るための努力を常に怠らず、気象現象はできるかぎり“体感”を心がけ、動画配信サイトでも常に気象関連の動画をチェックするという天気集中生活を送る。夜勤明けのビールがココロとカラダに染みる今日この頃。