【10/15 朝イチ!】九州~関東 秋の長雨・近畿~関東 肌寒さ続く

日曜日ですが、沖縄本島と北海道で晴れる所が多い他は、あいにく、秋雨前線の影響で秋の長雨で曇りや雨の所が多いでしょう。特に西日本で終日、雨模様が続く見込みです。

予想天気図

日中の最高気温は、今日も沖縄では30℃を超える暑さが続くでしょう。この他の地方は、西日本と北陸・東北で今頃(平年)の陽気になる所が多い他は、近畿から関東と北海道を中心に10月下旬~晩秋の頃の肌寒さの続く所が多い見込みです。暖かい服装でお出かけ下さい。

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
日中は東北南部と北海道の北部で雲が多い他は、秋晴れの所が多く、行楽日和でしょう

12時の予想天気分布

日中の最高気温は、東北の一部で今頃の涼しさ(秋田・山形19℃、福島20℃)になる他は、10月下旬の頃(旭川・釧路13℃、札幌・函館15℃、青森・盛岡16℃、仙台18℃)の肌寒い所が多いでしょう。暖かい服装でお出かけ下さい。

東日本・西日本(九州~関東・北陸)
北陸で曇りがちの所が多い他は、南岸沖に停滞する秋雨前線の影響で、あいにく、雨の降る所が多いでしょう。

12時の降水予測

日中の最高気温は、近畿から東海・関東甲信では10月下旬~晩秋の頃の肌寒さ(東京・横浜・前橋16℃、さいたま・長野17℃、名古屋・大阪・甲府20℃、京都・広島22℃)で、特に関東では日中でもジャケットやコートが欲しい寒さが続くでしょう。この他の地方は10月上旬~今頃の陽気(新潟22℃、金沢・福岡・熊本23℃、高知・鹿児島25℃)の所が多い見込みです。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
奄美北部で雨が降り易く、奄美大島と八重山で曇りがちになる他は、晴れる所が多いでしょう。また、海は台風20号の影響で、今日も波やウネリが高く、先島諸島ではシケ模様が続くので注意して下さい。

12時の予想天気分布

日中の最高気温は、名瀬で昨日に続いて29℃になる他は、沖縄は今日も30℃超える「真夏日」(那覇31℃、石垣島30℃、南大東島32℃)で、暑さが続く見込です。

今日のヒトコト

今日も秋雨前線の影響で、九州から関東の広い範囲で、雨の降る所が多いでしょう。お出でけの時、雨が降っていなくても傘を持ってお出かけ下さい。また、日中の気温も近畿から東海・関東甲信では肌寒いので、風邪などひかないように暖かい服装でお出かけ下さい。



トミーです。10月11日に気象庁から「エルニーニョ監視報告No.301」が発表されました。これによると、
•エルニーニョ監視海域の海面水温が基準値より低くなるなど、ラニーニャ現象時の特徴が明瞭になりつつある。
•秋または冬にラニーニャ現象が発生する可能性は、平常の状態が続く可能性と同程度である(50%)。
との報告で、この冬はラニーニャ現象が発生する可能性があるとのことです。下図では冬期間の発生確率が60~70%(青色)になっています。


気象庁提供

ラニーニャ現象が発生すると、日本では統計的に冬の気温は、北日本を除き低め(青色)になり、寒くなる可能性が高い傾向が出ます。9月25日に発表された「寒候期予報」では、冬の平均気温は北日本で「平年並か高い」他は、「平年並」の予報でしたが、ラニーニャが発生すると、「平年より低く」なり、寒い冬になる可能性があります。


気象庁提供

エルニーニョ現象とは、太平洋赤道域の日付変更線付近から南米沿岸にかけて海面水温が平年より高くなり、その状態が1年程度続く現象です。逆に、同じ海域で海面水温が平年より低い状態が続く現象はラニーニャ現象と呼ばれ、それぞれ数年おきに発生します。ひとたびエルニーニョ現象やラニーニャ現象が発生すると、日本を含め世界中で異常な天候が起こると考えられています。

昨日は気象庁の観測地点で、この秋初めて「季節の便り」として、函館から平年より5日早く初霜、帯広からは平年より1日遅く初氷の便りがありました。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。