【10/12 朝イチ!】全国的に下り坂。暑さは今日まで

北海道付近を低気圧が通過し、秋雨前線が本州を南下します。このため、全国的に下り坂で、今朝は既に北海道や山陰から東北の日本海側では雨が降りはじめています。日中は奄美・九州南部から関東の太平洋沿岸で晴れ間が残る他は、全国的に曇りや雨で、日本海側を中心に雨が降り易い見込みです。

予想天気図

日中の最高気温は、沖縄・奄美では引き続き30℃を超える暑さが続くでしょう。この他の地方は、北海道北部・東部で晩秋の頃の肌寒さになる他は、今頃(平年並)か初秋の頃の暑さで、特に晴れ間が出る九州南部から関東南部の太平洋沿岸では、今頃より2℃~6℃も高い初秋の頃の暑さになる見込みです。

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
低気圧や秋雨前線の影響で、今日も曇りや雨の所が多く、北海道や東北の日本海側では午前中、雨が降り易いでしょう。

9時の降水予測

午後は雨の止む所が多いですが、まだ、所々で雨が残り、東北南部の宮城県・福島県は夜遅く一時雨が降る見込みです。

15時の降水予測

日中の最高気温は、北海道北部・東部で11月晩秋の頃の肌寒さ(稚内9℃、釧路10℃、網走・帯広11℃)で、日中でもコートや暖房が欲しい寒さになるでしょう。一方、この他の地方は今頃の陽気(札幌16℃、函館・青森17℃、秋田・盛岡19℃、山形21℃)になる所が多いですが、東北南部(仙台・福島23℃)では9月下旬の頃の陽気になる見込みです。

東日本・西日本(九州~関東・北陸)
秋雨前線の南下で、すでに山陰から北陸の日本海側では雨が降りはじめています。日中は九州南部から関東南部の太平洋沿岸で晴れ間が残る見込です。

12時の予想天気分布

日本海側から内陸にかけては曇りや雨で、北ほど雨が降り易くなるので、傘を持ってお出かけ下さい。日中、晴れ間が残る太平洋沿岸でも夜には雨が降り易くなるので、遅くなる方は傘を持つと安心でしょう。

12時の降水予測

日中の最高気温は、晴れ間が出る太平洋沿岸では初秋の頃の汗ばむ陽気(東京・横浜・甲府28℃、名古屋26℃、高知27℃、鹿児島29℃)になる他は、今頃の陽気(長野20℃、新潟・金沢・松江21℃、大阪・京都24℃、広島・福岡23℃)に戻る所が多いでしょう。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
奄美では午後まで晴れますが、沖縄は曇りがちで、八重山地方は午前中、雨か雷雨が降り易いでしょう。

9時の降水予測

日中の最高気温は、今日も30℃超える「真夏日」(名瀬・那覇・石垣島・南大東島31℃)で、暑さが続く見込です。

今日のヒトコト

秋雨前線が本州を南下し、西日本や東日本では太平洋沿岸の一部を除き下り坂で、昨日までの秋晴れから曇りや雨の所が多くなるでしょう。日中の気温も今頃の陽気に戻る所が多い見込みです。



トミーです。西日本や東日本は天気の変わり目で、今日か明日から曇りや雨の日が来週にかけて続き、秋の長雨になる恐れがあります。また、季節外れの厳しい暑さも今日の雨を境に、明日から気温が急に下がり、週末にかけて一転、晩秋の頃の肌寒さになる所が多くなる見込です。天気や気温が急に変わります。体調の管理に注意してお過ごし下さい。

昨日は鹿児島から平年より25日も遅くモズの初鳴の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。