【9/17 朝イチ!】強い台風18号 鹿児島県上陸!列島を縦断

3連休の中日・日曜日ですが、沖縄と東北の日本海側~北海道で、日中、秋晴れで、行楽日和になるでしょう。

予想天気図

一方、強い台風18号は、今朝にも鹿児島県南部に上陸する公算が強く、上陸後は加速し、西日本を横断し、今夜遅くには日本海に抜け、更に加速しながら日本海沿岸沖を北上し、明日18日未明に新潟県沖を通過し、午後には北海道に再上陸する見込みです。上陸すると勢力は少し弱まりますが、加速して日本列島を縦断するため、西日本・東日本と東北では、暴風・大雨・高波・高潮などに厳重に警戒して下さい。(台風18号 九州上陸へ 早め避難を 参照)

3時の台風進路予測

日中の最高気温は、全国的には沖縄と北陸で今頃(平年並)の残暑の所が多いでしょう。この他の地方は、今頃より2℃~4℃、関東では4℃~6℃も低い、9月下旬~10月中旬の頃で、関東甲信~東北は涼しい位の陽気になる見込みです。

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
北海道は雲が多いですが、日中は秋晴れで、行楽・お出かけ日和でしょう。東北の日本海側は、午後から曇って、夜は雨が降るでしょう。

12時の紫外線予測(茶色:晴天域)

一方、東北の太平洋側は、あいにく下り坂で、昼前には雨が降り始める所が多い見込みです。傘を持ってお出かけ下さい。

 15時の降水予測

夕方以降は、太平洋側で強く降る所もあるので注意して下さい。

21時の降水予測

日中の最高気温は、青森・秋田では今頃の24℃ですが、この他の地方は、9月下旬~10月中旬(札幌・旭川・仙台・山形・盛岡21℃、福島19℃、釧路18℃)の頃の涼しい陽気になるでしょう。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
台風に刺激された秋雨前線の影響で、東海~関東甲信(長野県南部)では、南部の太平洋沿岸を中心に、昨日から雨が降りはじめています。

9時の降水予測

北陸でも次第に雨が降りはじめ、今日は終日、雨模様が続く所が多い見込みです。ただ、小笠原諸島は今日も晴れるでしょう。

21時の降水予測

日中はまだ、風の弱い所が多いですが、夕方以降、台風の接近に伴い、南よりの風が強まり、今夜は北陸や太平洋沿岸を中心に暴風になるので、高波などにも厳重に警戒して下さい。

日中の最高気温は、北陸で今頃の蒸し暑さ(新潟25℃、金沢27℃)になる他は、東海で9月下旬~10月中旬(名古屋27℃、岐阜26℃、飯田24℃、津23℃)でしょう。関東甲信は更に低い、10月頃の涼しさ(東京・甲府・長野21℃、横浜・前橋・さいたま20℃)で、5℃)になる所が多い見込みです。八丈島は今頃の28℃、父島は31℃で厳しい残暑が続くでしょう。

西日本(九州・中国・四国・近畿)
台風の直撃を受け、九州は午後まで、暴風・大雨・高波・高潮に厳重に警戒して下さい。

9時の降水予測

この他の地方も下り坂で、次第に雨が降りはじめ、台風通過時は、暴風・大雨・高波・高潮に厳重に警戒して下さい。

15時の降水予測

夜には九州や四国、瀬戸内では回復に向かう見込みです。

21時の降水予測

日中の最高気温は、一部で今頃の蒸し暑さ(大阪・広島・松山・宮崎28℃)になる他は、今頃より2℃~3℃低い、9月下旬~10月上旬の頃の陽気(鹿児島・熊本27℃、京都・高知26℃、福岡・大分25℃)の所が多いでしょう。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
奄美は朝まで雨が残りますが、午後は回復に向かい、沖縄本島は曇りから午後は晴れて来るでしょう。この他の地方は晴れる所が多い見込みです。

12時の紫外線予測(紫・赤色:晴天域)

日中の最高気温は、南大東島で33℃と厳しい残暑になる他は、今頃の残暑(名瀬・石垣島31℃、那覇30℃)でしょう。

今日のヒトコト

台風18号は、いよいよ今朝には鹿児島県に上陸する公算が強まっています。昨日は宮崎市赤江で日降水量が313.5mmと、過去最多を観測しました。この他、200mm以上の地点が3か所ありました。今日は台風の直撃で本体の雨雲がかかる西日本では短時間激しい雨の降る所があるので警戒が必要です。
また、台風が日本海沿岸を通過するため、本州が台風の右側(危険半円)に入る、四国や近畿、東海・北陸、関東の沿岸では、暴風にも厳重な警戒が必要です。明日は北日本でも暴風や大雨に警戒して下さい。

12時の波浪予測

西日本は大シケ
東日本の太平洋沿岸もシケ模様



トミーです。台風18号は、上陸後、加速するため、明日の夜には北海道に再上陸し、温帯低気圧に変わる見込みです。このため、通過した西日本や東日本では、明日3連休の最後の敬老の日は、急速に回復し、朝から晴れる所が多いでしょう。ただ、日中は一転、気温が上がり、厳しい残暑になり、海は明日もまだ、波が高いので注意が必要です。

昨日は横浜から平年より13日遅く、エンマコオロギの初鳴の便りが届きました。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。