【7/31 朝イチ!】東日本でも厳しい暑さが戻り猛暑日の所も!

きょう月曜日は、沖縄から関東で、日中は晴れて厳しい暑さになり、西日本や東海・関東甲信でも35℃以上の猛暑日になる所もあるでしょう。ただ、午後は内陸や山沿いを中心に、にわか雨や雷雨になる所がありそうです。一方、北日本は曇りや雨で、特に太平洋側で雨や雷雨が降り易いでしょう。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
北海道は、北部や内陸で晴れ間の出る所がある他は、曇りがちで、南部や太平洋側を中心に雨が降り、雷雨になる所もあるでしょう。東北もスッキリしない天気で、太平洋側では南部で午前中から雨が降り易く、午後は福島県と内陸や山沿いを中心に雷雨になる所がありそうです。

15時の降水予測

日中の最高気温は、北海道で昨日より低く、東北南部で昨日より高い所が多いでしょう。北海道は内陸や日本海側で25℃以上の所が多い他は、20℃~25℃で、今頃(平年並)か少し低い見込みです。東北は太平洋側の沿岸で、海からの風が入る影響で25℃前後と、平年に届かない所がある他は、30℃前後まで上がり、今頃の暑さになりそうです。湿度も高く、蒸し暑くなるでしょう。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
北陸は午前中、雲が多いですが、午後は晴れ間の出る所が多いでしょう。東海・関東甲信は、きのう雲の広がった所が多くなりましたが、きょうは日中、晴れる所が多くなり、強い日差しが照りつける見込みです。ただ、午後は内陸や山沿いを中心に、にわか雨や雷雨になり、激しく降る所もあるので、急な強い雨や雷雨に注意して下さい。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、石川・富山・新潟県で今頃の暑さが続く他は、厳しい暑さになるでしょう。東海や関東甲信では、昨日より5℃前後も高くなる所が多く、内陸では35℃前後まで上がる所もあるので、「熱中症」に十分注意して下さい。

西日本】(九州・中国・四国・近畿)
朝から晴れる所が多いでしょう。ただ、気温が上がる午後は内陸や山沿いを中心に、にわか雨や雷雨になる所があるので、天気の急変に注意して下さい。

きょう夕方の雷確率(色が濃いほど確率が高い)

日中の最高気温は昨日と同じ位か、近畿では3℃前後高くなるでしょう。沿岸の一部を除いて、35℃前後まで上がる所が多く、猛暑日になる地点も多くなり、体温並の暑さになる所もありそうです。引き続き「熱中症」に十分注意してお過ごし下さい。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
大体晴れて、日中は日差しが強いでしょう。ただ、八重山・宮古島地方では、海はシケが続くので注意して下さい。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、八重山地方で32℃前後の他は、34℃前後まで上がり、厳しい暑さが続くでしょう。「暑さと紫外線対策」をしっかりしてお出かけ下さい。

今日のヒトコト
沖縄や西日本から北日本の太平洋沿岸では、台風からのウネリが引き続き入るでしょう。海にお出かけの方は、ウネリを伴った高波に注意して下さい。



アルスです。台風5号は先週29日の土曜日に、小笠原諸島の父島近海を通過し、現在はほとんど停滞しています。台風進路予報によると、今後、更に発達して、あす1日(火)には北上に転じると見られ、今後は本州付近に接近する恐れもあります。今週(特に週後半)は台風の動きに注意して下さい。
ちなみに、台風5号が発生したのは7月21日午前9時なので、今日で10日目になりますが、台風予報では、5日後の5日(土)でも日本の南にあり、台風のままの可能性が高く、これまでの台風の中でも、なかなかの長寿になるかもしれません。ちなみに、台風の長寿記録は1986年の台風14号で、台風の期間は19.25日(途中、1.5日は熱帯低気圧の期間あり)でした。

昨日は神戸と福井からヒグラシ、福井と熊谷からツクツクホウシ、静岡からはエンマコオロギの初鳴の便りが、福岡からはサルスベリの開花の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ストレスがたまると窓際席指定で航空券をゲットし、上空から雲を眺めて自分を癒す。最新の気象知識を得るための努力を常に怠らず、気象現象はできるかぎり“体感”を心がけ、動画配信サイトでも常に気象関連の動画をチェックするという天気集中生活を送る。夜勤明けのビールがココロとカラダに染みる今日この頃。