【7/22 朝イチ!】北陸・東北「梅雨空」、西日本「猛暑」

北陸と関東北部は曇りがち、東北から北海道は曇りや雨か雷雨で、東北は日本海側を中心に激しく降る所もあり、北陸と東北は久し振りに「梅雨空」に戻るでしょう。一方、沖縄から西日本は晴れて、東海・関東甲信は雲の多い晴れの所が多いでしょう。
日中の最高気温は、全国的に今頃より高く、特に西日本は厳しい暑さが続き、35℃を超える猛暑日の所も多く、室内でも「熱中症」になるような気温です。十分注意してお過ごし下さい。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
あいにく、北から南下する新たな梅雨前線の影響で曇りや雨か雷雨の所が多でしょう。ただ、北海道は道北の旭川や道央の札幌などでは回復に向かい日中は晴れて来る見込みです。道南の函館では雨は昼前には止んで来ますが、道東の網走や釧路では夕方まで雨が残るでしょう。4時現在、上川・石狩空知・胆振・渡島檜山地方に大雨や洪水警報、渡島地方に土砂災害警戒情報が発表中です。土砂災害や河川の氾濫など十分警戒して下さい。この他、宗谷を除く全道に雷注意報も発表中です。

9時の降水予測

東北は梅雨前線の南下で下り坂で、北部から次第に雨や雷雨が降り易くなり「梅雨空」に戻るでしょう。特に日本海側では激しい雨の降る所もあるので十分に警戒して下さい。傘を持ってお出かけ下さい。4時現在、青森県と福島県会津に雷注意報が発表中です。

15時の降水予測

21時の降水予測

日中の最高気温は、今頃の蒸し暑さ(秋田28℃、釧路20℃)になる他は、真夏並の蒸し暑さ(札幌27℃、旭川・仙台30℃、山形・福島31℃)の所が多いでしょう。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
梅雨前線の南下で北陸では全般に曇りがちで、新潟県では午後には雨か雷雨の降る所があり、久し振りに「梅雨空」に戻るでしょう。関東北部も曇って、午後は山沿いを中心に雨や雷雨の降る所があるので、山などにお出かけの方は注意して下さい。この他の地方は雲が多くなりますが、日中は晴れる所が多い見込みです。4時現在、新潟県・石川県佐渡・三重・愛知・静岡県と小笠原諸島に雷注意報が発表中です。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、関東南部や甲信・北陸南部では厳しい暑さ(富山・福井34℃、さいたま・甲府・長野33℃、東京・横浜・名古屋・金沢32℃)が続く他は、今頃の蒸し暑さ(名古屋32℃、前橋31℃、新潟30℃)になる所が多く、35℃以上の猛暑日になる所は少ないでしょう。ただ、湿度が上がるので引き続き「熱中症」に注意してお過ごし下さい。なお、八丈島30℃で真夏並、父島も30℃で今頃の暑さです。

西日本(九州・中国・四国・近畿)
九州は夏空が広がりますが、この他の地方は、晴れから午後は雲が広がって来る所が多いでしょう。午後は内陸や山沿いで急なにわか雨や雷雨の降る所があるので、山などにお出かけの方は注意して下さい。

日中の最高気温は、一部で今頃の暑さ(宮崎32℃、高知31℃)になる他は、今日も厳しい暑さ(松江・鹿児島34℃、広島・長崎33℃)が続き、猛暑(大阪・京都・鳥取・福岡・熊本35℃、鳥取・佐賀36℃、大分県日田37℃)になる所も多く、「暑さと紫外線対策」をし、引き続き「熱中症」にも十分注意してお過ごし下さい。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
今日も夏空が広がりますが、奄美地方は北部を中心に午後は、にわか雨か雷雨に注意して下さい。4時現在、奄美地方に雷注意報が発表中です。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、引き続き真夏並の厳しい暑さ(名瀬・那覇・石垣島34℃、南大東島32℃)が続くでしょう。「暑さと紫外線対策」をしっかりしてお出かけ下さい。

今日のヒトコト
北陸や東北で「梅雨空」に戻り、東北では激しい雨に注意が必要です。
昨日の最高気温の全国のトップは兵庫県豊岡の37.3℃で、この夏3番目に高い気温でした。35℃以上の猛暑日が全国(沖縄~北海道)で97か所、30℃以上の真夏日は775か所(全国の観測地点の83%)で観測され、この夏一番多く、暑い日本列島でした。青森市では35.9℃を観測し、この夏初めての猛暑日になり、1882年の観測以来、135年間で一番高い気温を更新しました。



トミーです。明日は二十四節気の「大暑」です。8月7日の「立秋」の頃までが一年で一番暑い季節になります。今年は7月に入って、連日厳しい暑さが続いて、熱中症にかかる方も増えています。学校では雪国などを除き、夏休みに入った所も多く、海や山にお出かけの機会も多くなります。事故のない楽しい夏休みにしたいものです。

夏の空・21日千葉

昨日は広島・徳島・奈良からサルスベリの開花、前橋からシオカラトンボの初見、広島からツツクボウシ、富山からヒグラシ、松江からミンミンゼミ、金沢・盛岡からはアブラゼミの初鳴の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。