【7/17 朝イチ!】海の日も厳しい暑さ!九州から関東で猛暑日も

3連休最後、海の日の今日も、沖縄から関東にかけては厳しい暑さが続き、所々で猛暑日になるので、熱中症に十分注意してお過ごし下さい。また大気の状態が不安定になるので、山陰から北陸は朝のうちその他の地方は午後を中心に、にわか雨や雷雨になる所があるので、急な天気の変化や激しい雨に注意が必要です。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
低気圧の影響で、北海道はあいにく曇りや雨で、午後は太平洋側を中心に、雷雨になったり、激しく降る所があるので注意して下さい。東北は日中、晴れ間の出る所が多いですが、日本海側や太平洋側の北部では、にわか雨や雷雨になる所があるので、急な天気の変化に注意が必要です。

18時の降水予測

日中の最高気温は、北海道のオホーツク海側で昨日より10℃前後も下がる所があり、北海道北部や東部では20℃に届かず、少し肌寒く感じる所もあるので、服装に注意して下さい。その他の北海道や東北北部の日本海側でも30℃に届かず、比較的しのぎ易いですが、東北の太平洋側や南部では30℃を超えて、厳しい暑さになる所が多いでしょう。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
朝のうちは、北陸・東海・関東南部で雨の降る所がありますが、日中は晴れ間が出てくる見込みです。ただ、新潟県下越は山沿いを中心に日中も雨が降り易いでしょう。また、新潟県では、今夜遅くから活発な雨雲が掛かり、激しく降る恐れが出てくるので、今後の情報に注意して下さい。関東北部や山沿いでも、昨日よりは狭い範囲に限られますが、午後は急な雨や雷雨に注意して下さい。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、昨日と同じか2℃~3℃高くなり、厳しい暑さになる所が多いでしょう。特に東海・関東では35℃前後、関東北部では37℃くらいまで上がり、猛暑日になる所がありそうです。昨日、今年一番の暑さとなった東京・横浜・名古屋などでは、今日は更に気温が上がるかもしれません。「熱中症」に十分注意してお過ごし下さい

西日本(九州・中国・四国・近畿)
九州や四国・近畿の太平洋側では晴れますが、その他の地方は雲が広がり易く、山陰から近畿の日本海側では午前中から、その他も午後はにわか雨や雷雨になる所があるでしょう。特に大阪など近畿中部では、夕方を中心に激しい雨の降る恐れがあるので注意して下さい。

15時の雷確率(色が濃いほど確率が高い)

日中の最高気温は、九州を中心に35℃以上の猛暑日になる所があるなど、厳しい暑さが続くでしょう。雲が多くなる所でも30℃を超えて、湿度も高く、かなり蒸し暑くなりそうです。「熱中症」に十分注意してお過ごし下さい。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
今日も夏空の続く所が多いですが、所々で夕立があるでしょう。また、奄美では、湿った空気の影響で雲が広がり易く、急な強い雨や雷雨になる可能性があるので注意して下さい。

夕方の降水予測(奄美・沖縄本島で降水を予想)

日中の最高気温は33℃前後で厳しい暑さが続くので、「暑さと紫外線対策」をしっかりしてお出かけ下さい。

今日のヒトコト
昨日は北日本では厳しい暑さの和らいだ所が多くなりましたが、西日本や東日本では厳しい暑さが続き、東京都心で34.9℃と、今年一番の暑さになったのをはじめ、全国148の地点で今年一番の暑さになりました。また、九州から関東の所々で35℃以上の猛暑日になり、沖縄県那覇でも、今年初めて猛暑日になりました。

昨日の最高気温(気象庁HPより)

海の日も厳しい暑さが続き、猛暑日の地点も昨日以上に多くなりそうです。熱中症に十分注意して下さい。屋外では汗をかいたら、水分や塩分の補給をこまめにし、屋内でも油断せず、冷房を使って、適切な環境でお過ごし下さい。



アルスです。きょうは海の日ですが、最新の海面水温を見てみると、水温25℃以上のエリアは、関東から西の太平洋沿岸と、新潟から西の日本海沿岸に広がっています。これは例年と比べると2℃前後も高い海面水温になっています。ただ、海面水温は8月にかけて徐々に高まり、9月にピークを迎えることが多く、まだ7月中は冷たさを感じる所が多いので、海水浴にお出かけの際は気をつけて下さいね。

最新の海面水温分布(赤色が25℃以上)

昨日は横浜からアブラゼミとヒグラシ、ツクツクホウシ、名古屋と水戸からニイニイゼミの初鳴きの便りが、新潟からはキキョウ(桔梗)の開花の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

ストレスがたまると窓際席指定で航空券をゲットし、上空から雲を眺めて自分を癒す。最新の気象知識を得るための努力を常に怠らず、気象現象はできるかぎり“体感”を心がけ、動画配信サイトでも常に気象関連の動画をチェックするという天気集中生活を送る。夜勤明けのビールがココロとカラダに染みる今日この頃。