【7/12 朝イチ!】東日本でも久し振りに梅雨空に戻る

沖縄・奄美は引き続き夏空続きますが、この他の地方は、梅雨前線が日本海からゆっくり南下して来るため、東日本や東北の太平洋側でも久し振りに曇って、梅雨空に戻りますが、今日は雨が降るのは九州と日本海側が中心です。ただ、降っても短い時間で済みそうです。日中の最高気温は全国的に高く、引き続き「熱中症」に十分注意して下さい。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
北海道は前線の南下で、日中を中心に雨が降るでしょう。東北も梅雨前線の南下で、日本海側で午前中、雨が降り易いので、傘を持ってお出かけ下さい。一方、東北の太平洋側は曇りがちになり、久し振りに梅雨空に戻る見込みです。胆振・日高地方を除く北海道と福島県会津地方に雷注意報が継続中です。

12時の降水予測

日中の最高気温は、東北で昨日より2℃~4℃下がりますが、北海道でも真夏日で、天気の割にはまだ全般に高めで、かなり蒸し暑い(旭川・秋田29℃、札幌・網走・盛岡30℃、仙台・帯広32℃、山形・福島33℃)で、引き続き「熱中症」に十分注意して下さい。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
ここしばらく梅雨の晴れ間が続きましたが変わり目で、梅雨空に戻る見込みです。今日は北陸や東海と関東北部の山沿いでも雨か雷雨が降り易いので、傘を持ってお出かけ下さい。関東は曇りがちの所が多いですが、千葉県や伊豆諸島・小笠原諸島は晴れ間も出る見込みです。北陸・長野県と三重・静岡県を除く東海地方に雷注意報が継続中です。

18時の降水予測

日中の最高気温は、昨日、猛暑日になった北陸では2℃~5℃も下がります、それでもまだ今頃(平年)より高く、かなり蒸し暑く(さいたま・富山32℃、東京・前橋・名古屋・金沢・甲府31℃、長野30℃、新潟29℃)、引き続き「熱中症」に注意して下さい。なお、八丈島29℃で真夏並、父島30℃で今頃の暑さです。

西日本(九州・中国・四国・近畿)
長崎や熊本県で未明から朝方にかけ強い雨が降りましたが、日中は止んで、曇りがちの所が多いでしょう。しかし、梅雨前線が南下するため、午後は不安定になり、所々で夕立の降る心配があるので、急な雨に注意して下さい。ほぼ全域に雷注意報が継続中です。お出かけの時、傘を持つと安心でしょう。

15時の降水予測

日中の最高気温は、今頃(大阪・高知31℃)の蒸し暑さが続く他は、7月下旬~真夏並の暑さ(大分34℃、京都・福岡・熊本33℃、広島・松江32℃)で、湿度も高いので引き続き「熱中症」に注意してお過ごし下さい。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
今日も夏空が続くでしょう。ただ、奄美の十島村では昼過ぎまで、急なにわか雨に注意して下さい。

12時の紫外線予測

日中の最高気温も真夏並の厳しい暑さ(那覇32℃、名瀬・石垣島・南大東島33℃)が続くでしょう。「暑さと紫外線対策」をしっかりしてお出かけ下さい。

今日のヒトコト
昨日は、雨は小康状態でしたが、気温は富山で、10日の群馬県館林の37.8℃に次いで、この夏2番目に高い37.3℃を観測しました。35℃以上の猛暑日を観測した地点も60か所、30℃以上の真夏日は653か所、最低気温が25℃以上の熱帯夜が168か所と、いずれもこの夏一番多い地点で観測されました。この暑さは昨日がピークですが、厳しい暑さはまだしばらく続くので熱中症には十分注意してお過ごし下さい。



トミーです。九州で発生した記録的な豪雨から1週間が経ちました。7月1日~10日(上旬)までの、主要都市の降水量をまとめると、下表のようになります。那覇や札幌・東京は平年の30%以下で極端に少ない状態です。一方、九州から東海・北陸はほどほど降っていますが、大きな水害が発生した、九州北部の内陸では、平年の3倍~4倍も降った事が分かります。九州南部は早ければ15日頃「梅雨明け」の可能性がありますが、その他の地方は梅雨末期の大雨にまだ油断出来ません。

7月上旬の降水量と平年比

昨日は松山・熊谷からヤマハギ、富山からキキョウの開花、松江・鳥取・広島からヒグラシ、熊谷からミンミンゼミの初鳴の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。