【7/7 朝イチ!】 九州北部は大雨に厳重警戒!北海道で猛暑!

梅雨前線に近い九州から近畿は雨か雷雨の所が多く、特に九州北部は大雨が降り続いて、4時現在、山口県を含め大雨・洪水警報や土砂災害警戒情報が発表中で、今日も激しい雨の降る恐れがあるので厳重に警戒して下さい。一方、沖縄・奄美と東海から北海道では、晴れる所が多い見込みです。日中の最高気温は、九州から近畿で今頃(平年並)か低い所が多いですが、その他の地方は暦通り(小暑)真夏のような暑さで、特に北海道は猛暑になるので「熱中症」に十分注意して下さい。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
高気圧に覆われるため、穏やかに晴れる所が多いですが、福島県は山沿いで夕立の可能性があるので注意して下さい。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、昨日より高くなる所が多く、特に北海道は高く、帯広では35℃の猛烈な暑さになり、この他の地方も厳しい暑さ(福島33℃、札幌・盛岡・山形32℃)になるので「熱中症」に十分注意して下さい。また、日差しも強く「紫外線対策」をしっかしてお出かけ下さい。

東日本(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
伊豆諸島から東海付近に梅雨前線は停滞していますが、活動は弱い見込みです。このため、広い範囲で晴れ間が広がるでしょう。ただ、内陸や山沿いは午後を中心に不安定になり、にわか雨か雷雨になる所があるので、突然の雨や落雷・突風に注意して下さい。伊豆諸島南部は雲の取れにくい天気ですが、小笠原諸島は引き続き晴れる見込みです。

12時の紫外線予測

日中の最高気温は、7月中旬~真夏並の厳しい暑さ(福井33℃、前橋・熊谷・甲府・名古屋32℃、東京・横浜30℃)の所が多いので、「熱中症」に注意し、「紫外線対策」をしてお出かけ下さい。

西日本(九州・中国・四国・近畿)
活発な梅雨前線の影響で、九州から近畿の広い範囲で、にわか雨か雷雨が降り、九州では南部など一部を除き、今日も午前中を中心に雷を伴った激しい雨が降り、大雨が続く恐れがあるので、厳重に警戒して下さい。四国から近畿も雷を伴った強い雨の降る時があるので注意して下さい。

6時の降水予測

12時の降水予測

日中の最高気温は、今頃か少し低い(鹿児島32℃・福岡30℃・大阪29℃・広島28℃)所が多いでしょう。

沖縄・奄美(沖縄・奄美諸島)
今日も沖縄は夏空が広がりますが、奄美では午前中、曇って、十島村では午後から雨で雷を伴った強い雨に注意して下さい。

12時の紫外線予測

日中の最高気温も今頃か高く(那覇・名瀬・石垣島33℃、南大東島32℃)が続くでしょう。強い紫外線が降り注ぎます。「暑さと紫外線対策」をしっかりしてお出かけ下さい。

今日のヒトコト
昨日も九州を中心に大雨が降り、日降水量が100mmを超えた所が31か所、200mm以上が5か所で観測され、中でも長崎県壱岐市芦辺357mm、佐賀県佐賀市川副250.5mm、福岡県朝倉では72時間降水量の日最大値が610.0mmに達し、観測開始以来の記録的な大雨を観測しています。今日も九州では北部を中心に大雨の降る恐れがあるので、引き続き厳重な警戒が必要です。



ケイです。今日は、二十四節気の一つ「小暑」です。これは「この頃から本格的な暑さが始まる頃」という意味です。昨日、1か月予報が発表されましたが、これによると、沖縄から北海道の全国で平均気温が平年より高い確率が50%~60%と高く、今年の夏は厳しい暑さが予想されています。体力を付けて熱中症にならないように注意して下さい。また、今日は五節句の「七夕」ですが、今夜、星空が見られそうなのは、沖縄・奄美と北日本が中心で、その他の地方はあいにく見られる可能性は低い見込みです。

7月8日~8月7日の1か月予報(平均気温)

(気象庁提供)

昨日は福岡からアブラゼミ、富山からはニイニイゼミ、高知からヒグラシの初鳴き、甲府からはシオカラトンボの初見の便りが届きました。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

野球・サッカー・ゴルフにテニス、ラグビーまで、とにかくスポーツが大好き!好きな食べ物をしいてあげるならラーメンとお好み焼き!とくればハッスル系男子か⁈と思いきや、星を眺めるのが大好きだからこの仕事をしています!とロマンチストな一面をチラッと見せるナイスミドル。