【6/11 朝イチ!】沖縄と東日本は「梅雨の晴れ間」。日中の暑さ和らぐ

日曜日ですが、沖縄と東日本は「梅雨の晴れ間」が続くでしょう。その他の地方は曇りや雨で、特に九州と北日本ではあいにく、午前中、雨が降り易い見込みです。
日中の最高気温は、沖縄で暑さが続く他は、全国的に今頃か少し低い5月頃のしのぎ易い陽気になる所が多い見込みです。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
北海道付近に寒気を伴った低気圧の影響で、あいにく今朝も東北北部の日本海側と北海道で雨が降っています。しかし、低気圧がゆっくり東に離れるため、東北の南部では回復し、朝から晴れる所が多いでしょう。この他、秋田県と北海道東部(オホーツク海側・道東)で午後まで雨が残る他は、朝までに雨が止んで、日中は曇りがちになる所が多い見込みです。

12時の降水予測

日中の最高気温は、東北南部で今頃の陽気(仙台・福島24℃)が続く他は、昨日より3℃~5℃も下がり、4月下旬~5月頃の少し肌寒い陽気(秋田・札幌17℃、旭川15℃)になる所が多いでしょう。特に昨日20℃を超えた網走北見紋別地方では一転、10℃以上も下がり(網走・北見9℃)、暖房が欲しい位の寒さになる見込みです。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・島しょ部)
愛知・三重県では日中、曇りがちになる他は、日中、晴れる所は多く、特に北陸は朝から穏やかに晴れて「行楽・お出かけ日和」でしょう。一方、伊豆諸島南部はあいにく下り坂で、午後には雨が降り易くなる見込みです(西日本の降水予測参照)。
日中の最高気温は、昨日より2℃~4℃下がりますが、昨日30℃を超える厳しい暑さになった関東ではまだ、6月下旬~7月上旬の頃の暑さ(東京・横浜26℃、前橋28℃)になるでしょう。東海は今頃の汗ばむ位の陽気(名古屋・静岡25℃)に戻りますが、北陸と長野県北部は5月並のしのぎ易い陽気(金沢・富山・長野23℃、新潟22℃)の所が多い見込みです。

西日本】(九州・中国・四国・近畿)
梅雨前線上に発生した低気圧の影響で、梅雨空が戻り、九州と高知・和歌山県では昼前まで雨の降る所が多く、九州南部では昼過ぎまで残り、朝まで雷を伴い激しい雨の降る所があるので注意して下さい。この他の地方は曇りがちの所が多く、お出かけの時、雨が降っていなければ、傘はいらないでしょう。近畿北部では夕方から晴れて来る見込みです。

9時の降水予測

15時の降水予測

日中の最高気温は、昨日より4℃~6℃も下がり、5月並の25℃前後の少し蒸し暑さを感じる程度(鹿児島・広島24℃、高知25℃、福岡・大阪26℃、京都27℃)の所が多くなり、30℃を超える地点はないでしょう。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
奄美地方は北部の十島村で昼頃まで雨が降り易い他は曇りがちですが、日中は南ほど晴れ間が出易いでしょう。一方、沖縄は本島で朝まで雲が多い他は、今日も「梅雨の中休み」で、日中は晴れる所が多い見込みです。
日中の最高気温も、引き続き今頃より2℃~3℃高く、30℃を超える「真夏日」(南大東30℃、名瀬・宮古島31℃、那覇・石垣島32℃)が続くので、「暑さと紫外線対策」をしてお出かけ下さい。

今日のヒトコト
昨日は全国の102か所で30℃を超える真夏日になり、先月30日以来12日振り100か所を超えました。最も高ったのは和歌山県新宮の33.2℃で今年4番目に高い気温でした。特に32℃を超える厳しい暑さになった地点は全国で9か所ありましたが、4か所が関東で、内3か所が東京都でした。今週は全国的に気温が低めの傾向で、真夏日も沖縄県を除き少なく、過ごし易い陽気の日が多い見込みです。



先週は7日までに関東甲信地方まで「梅雨入り」し、残るのは北陸(平年6月12日)と東北(平年は南部12日、北部14日)です。週間予報では、沖縄・奄美では曇りや雨の「梅雨空」が続きますが、この他の地方は、6月17日までまとまった雨の降る日は予想されず、「梅雨の中休み」がしばらく続き、北陸や東北の「梅雨入り」も遅れそうです。
昨日は下関・銚子からアジサイ、石垣島からサルスベリの開花、福島からはカッコウの初鳴の便りが届きました。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。