【6/2 朝イチ!】日中は沖縄・新潟県・北日本で不安定な天気が続く

西日本と東海~関東甲信では日中、晴れますが、北陸南部は曇りがちでしょう。一方、沖縄・奄美は梅雨空が続き、新潟県と北日本は不安定な天気で、曇りや雨か雷雨のスッキリしない空模様が続く見込みです。
日中の気温は沖縄と北陸・北日本で今頃より低くなる他は高めで、25℃以上の夏日で、九州と関東は30℃近くまで上がり暑くなる見込みです。

予想天気図

各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
寒気を伴う低気圧の影響で不安定な状態が続き、一日、雨か雷雨が降り易く、雷を伴い激しく降る所もあるので注意して下さい。雨が降っていなくても傘を持ってお出かけ下さい。

15時の降水予測

日中の気温は昨日より更に下がり、4月下旬~5月中旬の頃の陽気で、東北でも20℃を下回る所が多く、少し肌寒く感じる所が多いでしょう。北海道宗谷・網走・根室地方などで10℃前後と、暖房が欲しい位の寒さになる見込みです。暖かくしてお出かけ下さい。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・伊豆諸島・小笠原諸島)
東海~関東甲信(長野北部除く)では日中、回復に向い次第に晴れますが、長野県北部や北陸南部では日中、曇りがちでしょう。お出かけの時、雨が降っていなければ傘は必要ない見込みです。一方、新潟県は雨か雷雨が降り易く(北日本の降水予測参照)、小笠原諸島は今日も梅雨前線の影響で雨模様が続くでしょう(沖縄の降水予測参照)。
日中の気温は関東・静岡県で30℃近くまで上がり7月頃の暑さになるので、日中は半袖で丁度良い位でしょう。東海・北陸・甲信では昨日より下がり、北陸と長野県では25℃以下ですが、東海・山梨県は25℃前後で汗ばむ陽気になる見込みです。

西日本】(九州・中国・四国・近畿)
朝方まで雨の降る所がありますが、日中は山陰を除く地方で晴れる所が多いでしょう。お出かけの時、雨が降っていなければ傘は必要ない見込みです。
日中の気温は九州では昨日と同じ30℃前後まで上がり、暑さが続くでしょう。この他の地方は昨日より下がり、山陰では25℃以下になる他は、今頃の25℃前後で汗ばむ位の陽気の所が多い見込みです。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
梅雨前線の影響で、曇りや雨か雷雨の梅雨空が続くでしょう。奄美大島は午後には雨が止んで来る見込みです。沖縄本島と奄美諸島南部は午前中、大東島は午後、雷を伴い激しく降る時があるので注意して下さい。

15時の降水予測

日中の気温は、先島諸島と奄美では今頃の蒸し暑さですが、本島と大東島は昨日より下がり、25℃前後になる見込みです。

今日のヒトコト
西日本~関東にかけては次第に回復に向かいますが、新潟県~北日本では引き続き不安定な天気で、強い雷雲の通過時は突風や降ヒョウなどに注意が必要です。昨日は30℃以上の「真夏日」の地点が沖縄県八重山と西日本などで16地点(31日は72地点)と更に大幅に減り、今日も厳しい暑さの所は少ない見込みです。



トミーです。昨日、気象庁から3月~5月の春の天候のまとめが発表されました。
●平均気温は、北・東・西日本で高く、特に5月はかなり高くなりました。沖縄・奄美では平年並でした。
●降水量は、北・東日本日本海側ではかなり少なく、北・東日本太平洋側、西日本で少く、沖縄・奄美では平年並でした。また、5月の降水量の平年比は、東海地方で49%、中国地方で30%で、1946 年の統計開始以来、最も少ない記録になりました。
●日照時間は、東日本と西日本の日本海側でかなり多く、北日本、西日本の太平洋側で多く、沖縄・奄美では平年並でした。

昨日は、富山・仙台からカキ、水戸からクリの開花、宮崎・福島からキアゲハ(蝶)、彦根からはゲンジ・ヘイケ蛍の初見の便りが届きました。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。