【6/1 朝イチ!】夏の始まりは、西暑東低

今日から6月、季節は夏になります。沖縄本島・奄美は梅雨空、東・北日本は曇りや雨か雷雨のスッキリしない空模様で、気温も大幅に下がり、5月上旬~今頃のしのぎ易い陽気になりますが、西日本は日中、晴れて、6月下旬~7月上旬の汗ばむ陽気が続く見込みです。

予想天気図

■各地の天気のポイント

北日本】(東北・北海道)
下り坂で、東北は朝から、北海道は昼前後から雨か雷雨が降り易くなる見込みです。傘を持ってお出かけ下さい。

15時の降水予測

日中の気温も昨日より大幅に下がり、5月上旬~今頃の陽気になるでしょう。東北は20℃~23℃、北海道は17℃~20℃で、しのぎ易い陽気になり、北部や東部では15℃以下の肌寒い位になる所もあるので服装にも注意してお出かけ下さい。

東日本】(東海・北陸・関東甲信・伊豆諸島・小笠原諸島)
朝から雨模様の所が多くなっています。雨は朝が中心で雷を伴い強く降る所もあるので注意して下さい。日中は次第に止んで来る所が多く、愛知など東海西部では午後には晴れて来る見込みです。小笠原諸島は一日雨模様が続くでしょう。

9時の降水予測

日中の気温は東海西部では昨日と同様に汗ばむ陽気が続く他は、昨日より下がり、5月中旬~今頃の22℃~24℃で、久し振りに夏日からも解放され厳しい暑さが収まる見込みです。

西日本】(九州・中国・四国・近畿)
九州では雲が多いですが、日中は晴れて、その他の地方は晴れから午後は次第に曇って、中国~近畿の日本海側を中心に夕立の心配があります。傘をも持つと安心でしょう。

18時の降水予測

日中の気温も昨日と同じで、25℃を超える「夏日」で汗ばむ陽気が続きますが、30℃を超える「真夏日」の厳しい暑さになる所は少ない見込みです。

沖縄・奄美】(沖縄・奄美諸島)
八重山は晴れ間が出て「梅雨の中休み」ですが、宮古島・大東島と奄美は曇りがち、本島は下り坂で、午後から雨が降り易くなり梅雨空に戻るので、傘を持ってお出かけ下さい。

15時の降水予測

日中の気温は、昨日より2℃前後上がり、今頃の蒸し暑さになる見込みです。

■今日のヒトコト
今日から6月で、8月まで季節は夏になります。昨日も新潟県新津で33℃まで上がり、季節外れの厳しい暑さになりましたが、30℃以上の真夏日の地点は、30日の277地点から72地点に大幅に減りました。今日は東・北日本では大幅に気温が下がり、久し振りにしのぎ易い陽気に戻る見込みです。



トミーです。今日、6月1日は第142回「気象記念日」です。1875年(明治48年)6月1日に、東京赤坂葵町に東京気象台が設置され、気象と地震の観測が開始されたことを記念し、中央気象台(1887年、東京気象台から改称)が1942年(昭和17年)に制定しました。中央気象台は1956年(昭和31年)に、気象庁に昇格しています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。