【5/31 朝イチ!】雲が多くなり夕立に注意!厳しい暑さ和らぐ

近畿~北海道では晴れ間も出ますが、昨日までの晴天から全国的に雲が多くなり、沖縄・奄美では梅雨空に戻るでしょう。西日本~東日本の広い範囲で、午後は不安定な天気になり、急な夕立に注意して下さい。お帰りが夕方以降の方は、傘を持つと安心でしょう。

昨日30日の一番
日最高気温の最高が5月として、西日本(42か所)を中心に全国60か所で記録を更新しました。島根県津和野で35.1℃を観測し、今年2回目の「猛暑日」(最初は5月21日、群馬県館林で35.3℃)を観測したましたが、全国で30℃以上の「真夏日」が277か所、25℃以上の「夏日」は746か所と、いずれも今年一番多い地点で観測されました。

今日31日の天気
9時の予想天気図では、高気圧が東に離れ梅雨前線は沖縄南部に停滞し、北方には低気圧が進み、上空1500m付近にはこの時期としてやや強い-15℃の寒気が南下して来る見込みです。

予想天気図

このため、全国的に雲の多い天気に変わりますが、近畿~北海道では太平洋側を中心に日中はまだ、晴れ間の出る所が多いでしょう。沖縄は雨が降り易くなり、奄美は曇りがちで梅雨空が戻る見込みです。

31日の天気予報

上空にこの時期としてはやや強い寒気が入るため、中国・四国~関東にかけて、午後は大気の状態が不安定になり、特に西日本と東日本の山沿いを中心に夕方以降、急なにわか雨や雷雨の心配があります。これらの地方の方は、お帰りが夕方以降の方は傘を持つと安心でしょう。

21時の降水予測

今日31日の最高気温
沖縄・奄美では引き続き今頃の陽気が続きますが、その他の地方は、昨日ほどではありませんが、まだ、初夏~7月並の暑さや蒸し暑さの続く所が多く、九州~岩手県まで内陸を中心に30℃前後まで上がり、湿度も高まるので「熱中症」にも注意が必要です。

31日予想気温(最高/最低)

今日31日の波高
4時現在、波浪注意報が発表されている海域はありません。今日は特に強い風の吹く海域はなく、全国的に比較的穏やかな状態が続く見込みです。

15時の予想波高分布

全国的に1.5m以下



トミーです。5月も今日で最後になりますが、5月19日~21日と今回28日~今日にかけ、季節外れの厳しい暑さになるなど、記録的に暑い5月になった模様です。また、全国的に降水量の少ない状態で、記録的な少雨の所が多くなりそうです。
明日から季節は夏になります。6月は梅雨で恵みの雨が期待されますが、気になる気温も、8月を中心に厳しい暑さが予報されています。予報士コラム「【3ヶ月予報】過酷な夏になるかも…夏の暑さに要注意!」参照。

幻の花「シチダンカ」(七段花)

5月30日千葉県で撮影

山アジサイの一種で、シーボルトの「日本植物誌」で紹介されたましたが、その実物を見ることなく1959年、130年振りに神戸の六甲山で発見され「幻の花」といわれています。六甲高山植物園や神戸森林公園などで6月中旬~7月上旬が見頃です。
昨日は仙台からカッコウ、那覇からクロイワニイニイ(蝉)の初鳴、津と福井からはゲンジ・ヘイケ蛍の初見の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。