【5/24 朝イチ!】全国的に下り坂・厳しい暑さ収まる

関東周辺(静岡・山梨県を含む)を除き全国的に下り坂で、曇りや雨の降る所が多くなるでしょう。日中の最高気温も関東~東北南部で初夏の頃の汗ばむ位の陽気になる他は、今頃の陽気に戻る所が多く、6日振りに30℃の「真夏日」から解放されそうです。

昨日23日の一番
東京都小笠原諸島母島で、1時間降水量の日最大値が27.0mm、日降水量が185.5mmを観測し、2008年の観測開始以来、最多記録を更新しました。母島では5月18日に日降水量91.5mmを観測し、記録を更新したばかりで、5日前の記録を約2倍と大幅に更新したことになります。なお、近くの父島の日降水量は78.5mmでした。また、4時現在、小笠原諸島には大雨警報(土砂災害警戒情報)が発表中ですが、24日夕方まで警戒が必要です。

今日24日の天気
9時の予想天気図では、東方海上の高気圧から西に伸びる気圧の峰が東に後退し、代わって、日本の周辺には低気圧や梅雨前線が近づき、全国的に気圧の谷の中に入ります。

予想天気図

気圧の峰が残る静岡・山梨県~関東では、午前中や日中はまだ晴れ間が残りますが、この他の地方は全国的に下り坂で、曇りや雨の所が多くなる見込みです。今朝は西日本や北海道の日本海側では雨の降っている所があります。

24日の天気予報

15時の降水予測では、九州を中心に、中国・四国地方と北海道でも雨の降る所が多くなる見込みです。傘を持ってお出かけ下さい。この他の地方の方も、遅くなるほど雨が降り易くなるので、傘を持つと安心でしょう。

24日15時の降水予測

今日24日の最高気温
全国的には厳しい暑さが収まり、やっと今頃の陽気に戻る所が多いでしょう。ただ、関東~東北南部ではまだ、平年より2℃前後高く、6月の初夏の頃の汗ばむ(蒸し暑い)陽気になる所が多い見込みです。今日は18日以来、6日振りに30℃を超える「真夏日」が予報されていません。

24日の予想気温(最高/最低)

4時現在、北海道の網走地方斜里と根室地方羅臼には引き続きナダレ注意報が発表されています。

今日24日の波高
4時現在、波浪注意報が発表されている海域はありません。低気圧の発達はなく、全般に風が弱く、波は1.5m以下の海域が多く、全国的に穏やかでしょう。

15時の予想波高分布

全国的に1.5m以下で穏やか



トミーです。先週土曜日(19日)から始まった、季節外れの厳しい暑さが今日はやっと収まる予報です。今日~明日にかけては曇りや雨の所が多いですが、週末には回復し晴れて、再び気温が上がり、西日本を中心に暑さがぶり返す所が多くなる見込みです。
昨日は津からカキの開花、下関からホタルの初見の便りが届いています。

柿の花

実がなり食べ頃は秋になります

5月に入り、各地から柿の花の開花の便りが届いていますが、柿は雌花だけか雄花と雌花の両方を咲かせる木が多く、受粉の作業に手間がかかる果物とのことです。日本は中国、韓国に次いで世界3位の生産国で、国内では和歌山県が生産量1位で、次いで奈良県、福岡県と続き、西日本から東海地方が主な産地です。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。