【5/7 朝イチ!】大型連休最終日・一部を除き全国的に行楽日和

大型連休最終日の今日は、沖縄・奄美と北海道北部など一部を除き、全国的に晴れる所が多く、行楽日和になるでしょう。ただ、日中は気温が上がる所が多く「暑さと紫外線対策」をしてお出かけ下さい。また、西日本を中心に「黄砂」に気を付けて下さい。

昨日6日の一番
東海・関東甲信・東北を中心に気温が上がり、東京都心で28.1℃など各地でこの春、一番高い気温を観測した所が多く初夏~7月の暑さになりました。全国で最も気温が高かったのは、山梨県大月の30.8℃で、真夏日はこの1か所だけでした。都心の日照時間は12.4時間で、全国で一番長い日照時間でした。
また、昨日はこの春、はじめて大陸からの「黄砂」を観測しました。

今日7日の天気
9時の予想天気図では、昨日、雨を降らせた前線は東海上に抜け、西から高気圧が張り出して来るでしょう。一方、北海道には発達した低気圧が近づいて来る見込みです。

予想天気図

このため、沖縄・奄美では高気圧の南の縁で不安定な天気が続き、特に先島諸島で雨が降り易いでしょう。一方、低気圧が近づく北海道北部も雨が降り易くなる見込です。この他の地方は、晴れか雲の多い晴れの所が多いでしょう。

7日の天気予報

今日7日の最高気温
沖縄・奄美と近畿・北陸および北日本では平年並(今頃)の陽気になる所が多い他は、平年より2℃~4℃高い、5月下旬~初夏の頃の汗ばむ位の陽気になる所が多いでしょう。特に近畿を除く西日本と東海・関東では25℃を超える「夏日」になる所が多く「暑さと紫外線対策」をしてお出かけ下さい。

7日の予想気温(最高/最低)

関東から西では「夏日」が多い

なお4時現在、新潟・長野北部・群馬北部と東北・北海道の雪の多い地方には引き続きナダレ注意報が発表されています。この他の地方でも雪山や沢(川)などにお出かけの方はナダレや融雪に注意して下さい。

今日7日の波高
4時現在、島根東部・隠岐、新潟岩船・佐渡と青森・北海道の日本海沿岸に波浪注意報が発表されています。これらの海域では引き続き波が高く、日本海側では北方低気圧の影響で南西~西の風が強まるため、山陰から北の沿岸で、太平洋側では関東周辺や北日本の沿岸でも午後には波の高まる海域が多くなるので注意して下さい。

15時の予想波高分布

日本海北部沿岸3m以上

今日7日の黄砂
昨日、午前中、松江でこの春、初めて大陸から飛来する「黄砂」(黄砂を含む小さな砂やチリ)が観測されました。松江の他、福岡、広島、神戸など18地点で観測されました。5月に入ってからの黄砂の観測は、1967年の観測開始以来、最も遅い観測(今まで1972年4月16日)です。黄砂の平均観測日数は年間24.2日で、4月をピークに3月~5月が全体の8割を占めていますが、今年はかなり少ない年です。

15時の黄砂の飛来予測
         気象庁提供

一般的に黄砂は、西日本や日本海側で多く観測され、太平洋側では山に遮られ少なく、特に関東は西~北側にアルプスなど高い山に囲まれ黄砂が飛来し難いとされています。



トミーです。今日は大型連休最後の日ですが、昨日の曇りや雨から一転、晴れて、行楽・お出かけ日和になる所が多いでしょう。今年の大型連休は、沖縄~九州で後半、曇りや雨の日が多かった他は、全国的にはお天気に恵まれましたが、気温が高く、5月らしい清々しい五月晴れの日が少なかった連休でした。

茨城県・笠間つつじ公園

昨日は、主な生物の季節の便りはありませんでした。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。