【3/24 朝イチ!】今日も寒の戻りで、肌寒さが続く

今日24日の天気

3時の気象衛星ひまわりの雲画像を見ると、黄海から九州にかけ上空の薄い雲がかかり、関東付近にも低い雲がかかっています。一方、北陸から北海道の日本海沿岸には寒気に伴う雲が引き続き残り、雨や雪の降っている所がありますが、この他の地方は、晴れている所が多くなっています。なお、昨日は全国で一番積雪の多い青森県酸ヶ湯では22日からの積雪が14cm増え360cmに達し、3月13日以来10日振りに360cmを超えました。

3時のひまわり雲画像

9時の予想天気図では中国北部の高気圧が、西日本に張り出し、北陸から北では冬型の気配置が続く予想です。また、平地でも雪が降る目安になる上空5,000m付近の氷点下30度の、この時期としては強い寒気が北陸付近まで南下しています。

9時の予想天気図

このため、今日も近畿北部から北の日本海側では曇ってシグレる時があり、北陸南部では雨か雪、新潟県は雪か雨、東北から北海道では雪の降る所があるでしょう。この他の地方は、日中は晴れか雲の多い晴れの所が多い見込みです。4時現在、北海道の石狩地方に大雪注意報が発表中ですが、昼前まで大雪に注意して下さい。

24日の天気予報

今日24日の気温

日中の最高気温は、今日も沖縄・奄美で今頃の春らしい陽気が続くでしょう。この他は全国的に寒の戻りで、平年(今頃)より2℃~4℃低い、2月下旬~3月中旬の頃の、日中でもコートが欲しい位の肌寒さが続く所が多い見込みです

24日の予想気温(最高/最低)

関東から西では15℃以下の所が多い

今日24日の波高

4時現在、沖縄県先島諸島と本島、奄美地方に波浪注意報が発表されています。しかし、波が高いのは朝までで、日中は収まって来るでしょう。日中は全国的に2.5m以下で、特に波やウネリの高い海域はない見込みです

12時の予想波高分布

全国的には2.5m以下



トミーです。21日に東京都心(靖国神社)で、9年振りに全国のトップを切って、ソメイヨシノ(サクラ)が開花しましたが、このところの寒の戻りで気温が上がらず22日、23日共に開花宣言をした所はありませんでした。全般に少し遅れ気味ですが、週末から来週にかけ九州から関東にかけての太平洋側の地方から開花の便りが届きそうです。
昨日は前橋・奈良・松江からタンポポ、前橋からスミレの開花、函館からはヒバリの初鳴の便りが届いています。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。