【3/20 朝イチ!】「彼岸の中日」九州で下り坂の他は、お出かけ日和

今日20日の天気

3時の気象衛星ひまわりの雲画像を見ると、東シナ海から九州にかけ雲が広がって来ています。この他は目立った雲はなく、晴れている所が多くなっています。

3時の気象衛星ひまわりの雲画像

9時の予想天気図では、移動性高気圧が近畿地方を通過し、東シナ海には前線が伸びて来ています。今夜には前線上の九州の西に低気圧が発生する見込みです。

9時の予想天気図

このため、九州(奄美を含む)はあいにく下り坂で、早いところでは昼前後から、午後には雨が降りはじめる所が多いでしょう。傘を持ってお出かけ下さい。中国や四国では次第に曇って来ますが、雨は夕方以降になる見込みです。一方、近畿から東海・北陸・関東甲信は日中いっぱい、北日本は一日、晴れる所が多く、行楽・お出かけ・お墓参り日和が続くでしょう。

15時の降水予測

午後は九州全域で雨

20日の天気予報

今日20日の気温

日中の最高気温は昨日に続いて、全国的に平年(今頃)並か平年より2℃~4℃高い、3月下旬~4月中旬の春本番の頃の暖かい陽気が続き、関東から西では15℃を超えて、日中はコートがいらない位でしょう。

20日の予想気温(最高/最低)

今日20日の波高

4時現在、奄美から種子島・屋久島地方で波浪注意報が発表されています。奄美北部は昼頃まで、十島村と種子島・屋久島地方は、今夜にかけて波やウネリの高い状態が続くので注意して下さい。関東から東北の太平洋側で2m前後のウネリが残る他は、比較的穏やかな海域が多い見込みです。

12時の予想波高分布

種子島・屋久島近海で2.5m以上



トミーです。今日は二十四節気の「春分」です。春の彼岸の中日に当たり、「春分の日」として、自然をたたえ、生き物をいつくしむための国民の祝日になっています。大陽の中心が春分点に達し、昼と夜の長さが同じになる日(実際は13日~16日頃に同じ日になる所が多い)で、6月21日の夏至に向かって昼の時間が長くなって行きます。
お天気に恵まれた3連休も今日までですが、明日は一転、全国的に雨や雪で、太平洋側は次第に荒れ模様になるので注意して下さい。予報士コラム「【今週の天気】春へ前進も 一時的に冬型」参照。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。