【2/12 朝イチ!】今日まで日本海側は大雪に警戒

昨日11日の一番

昨日も鳥取県から福井県にかけて大雪になりました。観測開始以来、日最深積雪が1位になった地点は、岡山県真庭市上長田125cm(1994年2月12日とタイ)、鳥取県倉吉市61cmでした。この他、今冬一番の積雪を観測したところが多数あります。2mを超えたのは、鳥取県大山町253cm、兵庫県香美町兎和野高原201cmで、先月24日の積雪を上回りました。鳥取市では33年振りに90cmを超える91cmを観測し、過去1943年の観測開始以来、74年間で5番目に多い記録です。

今日12日の天気

今朝3時の気象衛星ひまわりの雲画像を見ると、日本海側と東シナ海と西日本の太平洋側には寒気に伴う筋状の雲が見られますが、大陸から大分離れ、今回の寒波は峠を越えていることが分かります。

3時の気象衛星ひまわりの雲画像
2月12日3時のひまわり雲画像

今朝9時の予想天気図では、東北付近にあった低気圧が東海上に抜け消滅し、日本付近は北日本も含め西高東低の冬型の気圧配置になります。ただ、西日本は等圧線の間隔が開いて冬型もピークを過ぎるでしょう。

9時の予想天気図
2月12日9時の予想天気図

今日も12時のレーダーの降水予測でも見られるように山陰から東北の日本海側で雪の降り易い天気が続きますが、大雪の地域は北陸から東北(岐阜・長野・群馬県の北部を含む)に移る見込みです3時現在、鳥取県と広島・岡山・兵庫・京都・滋賀・岐阜・長野・群馬の各府県の北部には大雪警報が発表中です。沖縄は曇りがちですが、九州北部は午後から晴れて、太平洋側は冬晴れになるところが多いでしょう。

12時のレーダーによる降水域予測
2月12日12時のレーダー降水予測

12日の天気予報
2月12日の天気予報

今日12日の気温

日中の最高気温は、昨日より少し気温が上がりますが、沖縄から東海・北陸・長野県ではまだ、平年より2℃~4℃も低く、厳しい寒さが続くので、しっかり防寒対策をしてお出かけ下さい。一方、関東から東北では平年並の今頃の寒さになり、北海道は平年より少し高い、2月下旬~3月上旬の頃の寒さが続く見込みです。

12日の予想気温(最高/最低)
2月12日の予想気温
西日本では3日振りに10℃前後まで上がる

今日12日の波高
冬型のピークは過ぎて、3時現在、暴風雪(暴風)・波浪警報の発表されているところはありませんが、まだ各地に強風・風雪や波浪注意報が発表されています。午後は西日本の強い風も次第に弱まり、日本海沿岸や東シナ海沿岸でも波高が3.5m以下の所が多くなる見込みです

12時の予想波高分布
2月12日12時の予想波高分布
北陸から北海道南部の日本海側と
南西諸島・伊豆諸島で3m以上

(2017/2/12 04:00更新)



トミーです。昨日は鳥取県から近畿北部では先月1月24日の寒波による積雪を超える大雪になったところが多く、各地で交通機関に大きな影響が出ました。寒波のピークは過ぎつつありますが、今日まで山陰から東北の日本海側では大雪に注意が必要です。トピック「立ち往生時 エコノミークラス症候群にも注意」参照。昨日は季節の便りの報告はありませんでした。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。