【2/4 朝イチ!】暦通り、春めいた「立春」

昨日3日の天候

昨日は北日本の日本海側では冬型が残り、雪が降って少し荒れ模様でしたが、その他の地方は晴れて、気温も上がり、春先の陽気になった所が多い節分でした。日照時間が5時間以上の地点が、6日振りに500か所を超えて、全国の61%を占めました。最も気温が低かったのは、上川地方下川町の-29℃で、最も気温が高かったのは沖縄県竹富町波照間空港の24.4℃でした。また、日最深積雪は青森市酸ヶ湯の317cmで、この冬一番多い積雪を更新しました。

今日4日の天気

今朝3時の気象衛星の雲画像を見ると、北日本の日本海側の雪雲は大夫減って来ています。一方、東シナ海から南西諸島にかけて雲が広がっていますが、まだ雨雲ではありません。今朝3時に0.5mm以上の降水を観測しているのは全国1292か所の内、7か所だけです。

3時の気象衛星ひまわりの雲画像
2月4日3時気象衛星雲画像

今朝9時の予想天気図では移動性高気圧が九州の南の海上を通過し、日中は南から日本列島を広く覆って来ます。このため、沖縄と九州北部で曇りがちになる他は、日中は穏やかに晴れる所が多い見込みです。

9時の予想天気図
2月4日9時の予想天気図

4日の天気予報
2月4日の天気予報

今日4日の気温

日中の最高気温は、昨日より1℃~3℃高い、2月下旬から3月中旬の頃で、春めいた陽気になる所が多い見込みです。日向では暖かさを感じるでしょう。

4日の予想気温(最高/最低)
2月4日の予想気温

今日4日の波高

4時現在、新潟県と山形県、伊豆諸島南部に波浪注意報が発表されています。伊豆諸島南部では午前中に解除される見込みです。このため、今日は新潟から山形県の沿岸を除き、特に波の高い海域はなく、比較的穏やかでしょう。

12時の予想波高分布
2月4日12時予想波高分布(2メートル以下の海域が多い)

(2017年2月4日 04:00更新)



トミーです。今日は二十四節気の「立春」です。寒が明け、暦の上では5月5日の「立夏」の前日まで春になります。これから3月頃までの寒さを「余寒」(よかん)や「春寒」(はるさむ)などと言います。また、日脚も伸びて、日差しも少しづつ強まり、2月は「光の春」とも言われます。今日は、「光の春」を感じる所が多いでしょう。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

牡蠣と柿が大好き(注:ダジャレではありません)で和食が好物。学生時代に卓球・弓道をかじっていたという「和の男」。スラリとした長身、穏やかな笑顔で物腰も柔らかいけれど、仕事となると猪突猛進!「力いっぱい」を座右の銘に毎朝の天候チェックを欠かさないベテラン気象予報士。