今季一番の寒気南下へ

きょう20日(木)から21日(金)にかけて、北日本は西高東低の冬型の気圧配置となります。寒冷前線が通過した後、北海道の上空には11月下旬から12月上旬並の強い寒気(上空1500m付近にマイナス6℃以下)が南下するため、雨は次第に雪へと変わり、今夜からあすにかけて北海道では平野部でも雪が積もり、東北北部の山地でも雪が降る見込みです。積雪や路面の凍結による交通障害に注意してください。

また、急速に発達する低気圧の影響で風が強まり、北海道の太平洋側東部とオホーツク海側では、21日昼前から夜のはじめ頃にかけて暴風に、21日昼前から22日にかけて高波に警戒してください。

【風の予想】あす21日にかけての最大風速(最大瞬間風速)

太平洋側東部、オホーツク海側 西または北西の風

 海上 … 25メートル(35メートル)

 陸上 … 20メートル(35メートル)

日本海側、太平洋側西部 西または北西の風

 海上 … 20メートル(30メートル)

 陸上 … 18メートル(30メートル) 

【波の予想】あす21日にかけての波の高さ

 太平洋側東部、オホーツク海側 … 7メートル

 日本海側 … 5メートル

 太平洋側西部 … 4メートル

【雪の予想】20日18時から21日18時までの降雪量

 峠や山間部の多い所 … 15センチ

 平地の多い所 … 5センチ

金曜日にかけて西高東低

20161019_21%e6%97%a59%e6%99%82%e4%ba%88%e6%83%b3%e5%a4%a9%e6%b0%97%e5%9b%b3

21日0時の上空1500m付近の気温

20161020_21%e6%97%a50%e6%99%82%e3%81%ae%e4%b8%8a%e7%a9%ba%e6%b0%97%e6%b8%a9%e5%88%86%e5%b8%83

北海道はマイナス6℃以下の寒気に覆われる

(2016年10月20日16:00更新)


miyahara_winter

みやっちです。来週も北海道付近に強い寒気が南下する見込みで、北日本では本格的な冬支度が必要になってきました。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。