道東 河川のはん濫に警戒

北海道は大雨のおそれはなくなりましたが、29日未明からの雨量が300ミリを超えているところがあり、洪水の危険度が高い状態が続いています。明け方には空知川と札内川で堤防の一部が決壊、はん濫し、また道東のその他の河川も「はん濫危険水位」を超えているところがあります。

今夜にかけて河川の増水やはん濫、低い土地の浸水に厳重に警戒し、市町村からの避難情報を確認するとともに、各自安全確保を図るなど、適切な防災行動をとって下さい。

20160831_1650河川情報

【国土交通省 川の防災情報より】

札内川:はん濫が発生(レベル5)

利別川:はん濫危険水位(レベル4)に到達し、はん濫のおそれあり

音更川:音更川では、はん濫危険水位(レベル4)を下回る

十勝川:当分の間、はん濫危険水位(レベル4)を超える水位が続く見込み

 

【29日0時から31日10時までの雨量】
十勝地方 上士幌町ぬかびら源泉郷 328.5ミリ
釧路地方 釧路市阿寒湖畔     213.0ミリ
網走地方 斜里町宇登呂      211.5ミリ
胆振地方 伊達市大滝       206.0ミリ

(2016年8月31日17:00更新)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。