北海道 再び猛吹雪に警戒

きのう18日(月)は日本海の低気圧に向かって南風が強まり、9月下旬並みの暖かさになったところもありました。

きょう19日(火)は冬型気圧配置となり、一転して全国的に冷たい北風に変わっています。日中も気温が上がらず、夜にかけて冷え込みが強まりますので、暖かい服装でお出かけください。

20日(水)09時の予想天気図

↑あすにかけて冬型気圧配置

北海道の上空1,500m付近には-12度以下の真冬並みの寒気が流れ込んでおり、日本海側を中心にあす昼前にかけて猛吹雪となる見込みです。周囲の見通しがきかなくなるところもありそうですので、不要不急の外出は控えて、車の運転をされる際は十分注意してください。東北や北陸地方の日本海側も西寄りの暴風や高波に警戒してください。

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。