数十年来の大規模災害のおそれ

非常に強い勢力の台風19号は東海の南海上を北上していて今夜19-21時頃には伊豆半島または関東地方の沿岸部に上陸する見込みです。先日千葉県を中心に大きな被害を出した台風15号と同様に、関東の沿岸部を中心に再び猛烈な風や雨に見舞われる可能性があります。食糧や電源の確保は大丈夫でしょうか?不要不急の外出は控え、身の安全を確保しましょう。
広範囲にきわめて大量の雨が降り続けるため、特に静岡県や関東甲信、東北の太平洋側で記録的な雨量となり、大河川でも水害が発生する危険性があります。雨が止んでも下流部の水位は上がり続けます。人命にかかわる大規模な土砂災害のおそれもありますので最大級の警戒をしてください。(※伊豆市湯ヶ島では24時間雨量が350mmに達し、午前8時の段階ですでに10月としての観測記録を上回っています)
最新の雨雲のようす

12-13日朝にかけては交通機関に運休が発生しますので、最新の情報をご確認下さい。
最新の鉄道運行情報

◆台風19号のポイント
強い勢力で接近!関東は再び記録的な暴風のおそれ
広範囲に活発な雨雲!記録的な大雨に警戒
③沿岸部は高波や高潮の災害のおそれ

【参考】先月の台風15号時の観測記録
*は観測史上1位を記録
大雨 静岡県天城山
東京伊豆大島
449mm
311mm
前回より大型化→700-800mmに達するおそれ
強雨 静岡県天城山
東京伊豆大島
横浜市中区
東京江戸川区
109.0mm/h*
89.5mm/h
72.0mm/h
72.0mm/h
山沿い平野部問わず猛烈な雨のおそれ
暴風 東京神津島
千葉市中央区
東京新島空港
千葉県木更津市
羽田空港
58.1m/s*
57.5m/s*
52.0m/s*
49.0m/s*
43.2m/s*
前回とほぼ同等並みの暴風、より広域化+長時間化




シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。