あす夜関東直撃 早めの備えを

非常に強い勢力の台風19号は父島の西の海上にあって、このあとも太平洋高気圧の西縁に沿う形で北上し、あす夜には静岡県または関東地方の沿岸部にかなり接近または上陸するおそれが高まっています。先日千葉県を中心に大きな被害を出した台風15号と同様に、関東の沿岸部を中心に再び猛烈な風や雨に見舞われる可能性がありますので、早めの対策と備えをお願いします。
また今回は暴風や高波・高潮のみならず、広範囲に活発な雨雲を伴うため、近畿~東北の広い範囲で河川の氾濫や土砂崩れなどの大雨の災害にも警戒が必要です。
最新の雨雲のようす
計画運休を含め12-13日朝は近畿~東北地方を中心に交通機関に大きな乱れや混乱を生じる見込みですので、お出かけは控えた方がよいでしょう。
最新の鉄道運行情報(13日朝から天気は回復するも、一部運航の乱れが残る可能性)

◆台風19号のポイント
強い勢力で接近!関東は再び記録的な暴風のおそれ
②大型台風、離れた場所も広範囲で暴風に警戒
③広範囲に活発な雨雲!大雨に警戒

暴風の見通し

【参考】先月の台風15号時の観測記録
*は観測史上1位を記録
大雨 静岡県天城山
東京伊豆大島
449mm
311mm
前回より大型化→さらに増えるおそれ
強雨 静岡県天城山
東京伊豆大島
横浜市中区
東京江戸川区
109.0mm/h*
89.5mm/h
72.0mm/h
72.0mm/h
山沿い平野部問わず猛烈な雨のおそれ
暴風 東京神津島
千葉市中央区
東京新島空港
千葉県木更津市
羽田空港
58.1m/s*
57.5m/s*
52.0m/s*
49.0m/s*
43.2m/s*
前回とほぼ同等並みの暴風、より広域化+長時間化




シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。