季節外れの大雨+内陸部は大雪のおそれ

九州地方は東シナ海を進む低気圧や前線の影響で今夜から雨が降り出すでしょう。この低気圧はあす10日(水)にかけて九州~関東南岸付近を発達しながら東進する見込みで、あすは沖縄~東北地方の広い範囲で雨や雪。九州・四国地方は雷を伴って局地的に非常に激しい雨が降るおそれがあります。

10日(水)09時の予想天気図

低気圧や前線に向かって夏季に流入するような暖かく湿った空気が流れ込み、九州・四国地方はあす未明から昼頃にかけて雨脚が強まり、まとまった雨になる見込みです。大気の状態が不安定となるため落雷や突風に注意するとともに、大雨により土砂崩れの危険度が高まりますので崖の近くなどには不用意に近づかないようにしましょう。

10日(水)朝の雨風予想

低気圧や前線に向かう強風にも注意

東日本はあす10日(水)は朝から冷たい雨が降り、内陸部では季節外れの積雪に注意が必要です。日中も気温が上がらず真冬並みの寒さとなりますので、防寒対策をしてお過ごしください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。