北陸~道南は荒れた天気に

日本付近は冬型の気圧配置となり、北海道~山陰地方の日本海側には寒気に伴う雨雲や雪雲が流れ込んでいます。

あす14日(木)未明から朝にかけて上空に強い寒気を伴った低気圧が津軽海峡付近を通過する見通しで、北陸地方と東北地方、北海道の渡島・檜山地方では今夜からあす朝にかけて大気の状態が非常に不安定となります。落雷や竜巻などの激しい突風、強い雪や大雪に警戒して下さい。

北・東日本はあすにかけて冬型の気圧配置が続く見込みで、西寄りの風も強まるため日本海側では吹雪や吹き溜まりによる交通障害に、沿岸部では高波に警戒して下さい。

↑氷点下39℃以下の強い寒気流入

14日未明の降水・風の分布予想

↑東北~北陸は強雪・吹雪・高波などに警戒

 

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。