北海道内陸で猛烈な雨

日中の昇温と上空の寒気により、北日本~西日本の広い範囲で大気の状態が不安定となっています。
北海道の内陸部や近畿地方で雷雲が発達していて、雨雲の動きが遅いことから局地的に猛烈な雨となっています。

記録的短時間大雨情報(14時30分)
美瑛町東部付近で約90ミリ
上富良野町付近で約90ミリ
15時30分の雨雲の様子

15時30分の雨雲の様子

今夜にかけて、1時間60mmの非常に激しい雨となるところがありそうです。
夏休みの日曜日ということで屋外で楽しんでいらっしゃる方も多いかと思いますが、河川の増水や氾濫、低地の浸水や落雷等には十分にご注意ください。

(2016年7月31日 15:00更新)


iwamoto_winter

がんちゃんです。

内陸部を中心に激しい雷雨となっているところがあります。空が急に暗くなったり、雷鳴が聞こえたり、急に冷たい風が吹き出す、などは雷雨接近のサインですので、早めに退避しましょう。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。