寒波襲来で帰省ラッシュに影響も

30日(日)にかけて日本付近は強い冬型の気圧配置が持続し、強い寒気(上空1500m付近に-9℃以下)が流れ込みます。
日本海側や山沿いを中心に大雪となり、北日本や北陸地方は28日(金)~29日(土)をピークに猛吹雪になる見込みです。目の前の視界が無くなるホワイトアウトが発生するおそれがありますので不要・不急の外出は控えましょう。普段雪の少ない東海や近畿、四国地方の市街地でも積雪となるおそれがあります。

30日頃まで強い冬型持続

強烈寒波流入

東北南部~山陰地方の日本海側にはJPCZ(日本海寒帯気団収束帯)に伴う発達した雪雲が断続的に流れ込み、北陸地方は27日(木)午後以降、山陰地方は28日(金)を中心に積雪が急増するおそれがあります。落雪や雪崩などのリスクが高まりますので雪の事故には十分注意してください。

予想される最大降雪量 (~28日18時)
エリア 最大降雪量
北陸 80cm/日
東北、関東甲信 70cm/日
北海道、東海 50cm/日
中国 45cm/日
近畿 40cm/日

※30日にかけて降雪が続き、積雪増のおそれ

年末に帰省される方や旅行を予定されている方も多くいらっしゃると思いますが、交通機関の乱れも予想されますので、最新の気象情報・交通情報を確認するようにしてください。また、車を運転される方は冬用タイヤやチェーンを装着するなど雪道に備えておきましょう。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。