徳島南部に上陸 猛烈な雨風に警戒

台風21号は正午ころ非常に強い勢力で徳島県南部に上陸しました。
上陸時の勢力としては最強クラス(伊勢湾台風に迫る強さ)で非常に強い勢力として上陸したのは25年ぶりです。
スピードアップして駆け抜けるため、接近時には急激に雨風が強まり、近畿地方は12~15時過ぎ、東海地方では15~18時頃を中心に暴風雨となり外出が極めて危険な状態となるところもありそうです。特に台風の中心付近、東側のエリアでは瞬間的に50m/sを超える記録的な暴風となるおそれがあります。
すでに京阪神地区では鉄道の見合わせ計画が発表されていますが、交通機関にも大きな影響が出ますので、無理な行動は控えて安全を確保しましょう。

なお、関東首都圏も夕方~21時は南の風が非常に強まり(暴風警報の可能性も)、交通機関に大きな影響が出るおそれがありますので、15時までの早めの退社帰宅がおすすめです。関東はあす朝の出勤時も荒れた天気となるおそれがあります。

各地で観測されている大雨と暴風(11:00現在)
大雨 高知県馬路村 279mm
強雨 高知県田野町 91mm/h
暴風 徳島県美波町日和佐
50.3m/s
高温 石川県かほく市
36.1℃

◆台風21号のポイント
台風スピード接近で急激に雨風強まる
京阪神地区は昼すぎ、中京圏は夕方にピーク直撃
記録的な暴風や高潮のおそれ(大阪湾周辺)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。