九州 猛烈な雨のおそれ

台風起源の暖かく湿った空気が西日本に流れ込んでおり、また、上空には冷たい空気が流れ込むため、西日本の広い範囲で大気の状態が非常に不安定となる見込みです。

13日未明から朝にかけて、九州北部では1時間に80ミリの猛烈な雨の降るおそれがあり、九州南部、中国、四国、近畿南部でも13日夜にかけて1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降るおそれがあります。

異音がしたら要注意

異音がしたら要注意

総雨量がかなり多くなるおそれがあります。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水に厳重に警戒してください。また、竜巻などの激しい突風や落雷が起こりやすい状態ですので、異変を感じたら、丈夫な建物など安全な場所に避難するようにしてください。

【予想雨量】13日18時までの24時間に予想される雨量(多いところ)
九州北部地方    400ミリ
九州南部、近畿地方 250ミリ
中国地方、四国地方 150ミリ

【13日未明の雨域予想】20160712_13日03時予想降水量

北陸や関東北部、東北地方も13日~14日にかけて、局地的に雷を伴った激しい雨が降り、大雨になるおそれがあります。土砂災害や河川の増水、低い土地の浸水などに注意が必要です。最新の気象情報を確認するようにして下さい。

【13日昼の雨域予想】20160712_13日12時予想降水量(全国)

(2016年7月12日 22:00更新)


miyahara_winter

みやっちです。土砂崩れが発生しやすい場所、浸水しやすい場所など、危険な場所からは早めに離れるようにしてください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。