台風13号は東北へ 暴風高波に警戒

台風13号は強い勢力を維持しながら、房総半島の北東の海上をゆっくりとした速度で北上しており、きょう夕方には東北南部の太平洋沿岸に達する見込みです。
けさ千葉県銚子市で25.6m/s、茨城県水戸市で21.6m/sの最大瞬間風速を観測しました。

▼きょう9日に予想される風と波

台風本体の活発な雨雲は海上が中心ですが、千葉県や茨城県、福島県浜通りでは局地的に1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨が降るおそれがあります。土砂災害や川の氾濫に警戒し、自治体の避難情報に留意するとともにご自身の判断で早めの避難行動をとってください。

また、首都圏のJRや私鉄の一部ではすでに運休が決まっている路線があり、朝の通勤時間帯の交通機関の乱れが見込まれます。最新の交通情報を確認し、荒天時は無理に移動せず出勤時間を遅らせるなどの柔軟な対応をお願いします。

交通情報の確認はこちら

▼9日(木)朝8時の雨風予想

関東〜東北地方の太平洋沿岸では猛烈なしけとなっており、高潮にも警戒が必要です。東北地方ではあす10日(金)にかけても波の高い状態が続く見込みです。海岸付近には近づかないようにしてください。台風から離れた地域にもうねりが届きますので、海のレジャーなどには十分注意してください。






※PCから閲覧の方はTOPページへ遷移します。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。