台風接近で大荒れに 早めの避難を

強い勢力の台風13号は暴風域を伴いながら、関東の南東海上を北上しており、今夜遅くからあす9日(木)夕方にかけて房総半島〜東北南部の太平洋沿岸付近を北上する見込みです。

首都圏も今夜から雨風が急速に強まり、帰宅時間帯やあす朝の通勤通学の時間帯に交通機関が乱れる可能性があります。今夜は早めの帰宅、早めの避難をお願いします。

交通情報の確認はこちら

今夜遅くには台風本体の雨雲が房総半島にかかり始め、あす昼前にかけて1時間に80ミリ以上の猛烈な雨の降るおそれがあります。また、台風の動きが遅いため、激しい雨や暴風が長時間続き、千葉県や茨城県、福島県を中心に大雨となるおそれがあります。土砂災害や川の氾濫に厳重に警戒し、自治体の避難情報に留意するとともにご自身の判断で早めの避難行動をとってください。

▼9日(木)朝8時の雨風予想

▼予想される24時間雨量(多いところ)

▼あす9日(木)にかけて予想される風と波

伊豆諸島や関東〜東北地方の太平洋沿岸は大しけとなっており、このあと猛烈なしけとなる見込みです。あす未明にかけて満潮時刻を迎えるところもありますので、海岸には近づかないようにしてください。台風から離れた地域にもうねりが届きますので、海のレジャーなどには十分注意してください。






※PCから閲覧の方はTOPページへ遷移します。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。