岐阜県下呂市で41.0℃ 国内歴代2位タイ

広島原爆の日のきょう6日も東海〜九州地方では猛烈な暑さとなり、岐阜県の下呂市(金山)で41.0℃を観測。7月23日に国内最高気温を記録した埼玉県熊谷市の41.1℃に次ぎ、2013年8月に高知県四万十市(江川崎)で観測した41.0℃に並ぶ歴代2位タイの酷暑となりました。

また、岐阜県多治見市で40.4℃を観測したほか、名古屋市は39.4℃で8日連続の猛暑日に。広島市も37.3℃まで気温が上がり、猛烈な暑さが続いています。
先週発表された1ヶ月予報では8月中は西・東日本は暖かい空気に覆われやすく、残暑も厳しい予想です。引き続き、熱中症に警戒してください。

▼8月6日(月)14時 アメダス気温分布

(出典;気象庁)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。