台風12号 九州南部で迷走へ

台風12号は屋久島の南西海上にあり、このあと進路を東寄りに変え、あす31日(火)にかけて種子島・屋久島地方付近をゆっくりとした速度で反時計回りに進む見込みです。8月1日(水)には東シナ海を西寄りに進むとみられます。

台風本体や周辺の湿った空気が流れ込む九州・四国地方では局地的に1時間に60ミリの非常に激しい雨が降るおそれがあり、あさって1日(水)にかけて大雨や土砂災害に警戒が必要です。また、台風は暖かな海水からエネルギーを補給し、再発達する見込みです。沿岸部では強風と高波にも警戒してください。

▼31日(火)あさ9時の予想雨域と風の分布





※PCから閲覧の方はTOPページへ遷移します。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。