台風12号 週末に本州上陸の恐れ

強い台風12号は日本の南海上を発達しながら北上し、あす27日(金)午後には暴風域を伴って小笠原諸島に最も接近する見込みです。小笠原諸島ではあす暴風と高波、大雨に厳重に警戒してください。
その後も勢力を維持したまま、28日(土)夜に東日本に接近し、上陸するおそれがあります。西〜東日本では29日(日)にかけて大雨や暴風、高波に警戒が必要です。早めの備えをお願いします。

▼27日(金)に予想される風と波

▼予想される24時間雨量(多いところ)
※伊豆諸島と関東甲信、東海地方はその後も雨量は増える見込み

28日(土)午後は関東~東海地方を中心に雨風が強まる見込みで、屋外の活動が危険な状態となり、交通機関の乱れも予想されます。この週末に花火大会への参加を予定されている方や山や川のレジャーを計画されている方も多くいらっしゃるかと思いますが、最新の気象情報、交通情報、イベント情報を確認し、中止や延期にするなど計画の見直しをお願いします。





※PCから閲覧の方はTOPページへ遷移します。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。