埼玉県熊谷市で41.1℃ 国内最高を更新

きょう23日から二十四節気の「大暑」。暦の上でも最も暑い時期に入ります。きょうは関東甲信・東海地方を中心に朝から気温がぐんぐん上がり、午後2時すぎに埼玉県熊谷市で41.1℃を観測し、5年ぶりに国内の最高気温を更新しました(これまでの最高気温は平成25年に高知県四万十市で観測した41.0℃)。そのほか、東京都青梅市や岐阜県多治見市、山梨県甲府市も40℃以上の猛烈な暑さとなり、東京都内の観測所で40℃を超えたのは統計開始以降初めてです。

■今日の日最高気温(17時00分現在)
・埼玉県熊谷市 41.1℃ (国内最高気温を更新)
・東京都青梅市 40.8℃ (観測史上1位)
・岐阜県多治見市 40.7℃ (7月の観測史上1位)
・山梨県甲府市 40.3℃
・愛知県名古屋市 39.6℃ (7月の観測史上1位)
・東京都心 39.0℃

また、今年最多となる241地点で猛暑日(35℃以上)となり、西〜東日本の広い範囲で命に関わる危険な暑さとなっています。不要不急な屋外活動は控え、夜間もこまめに水分と塩分を補給し、冷房や保冷剤を使用するなど命を守るための行動をとりましょう。

熱中症に気をつけて!~カラダを冷やす場所を知っておこう~を開く
※PCから閲覧の方はTOPページへ遷移します。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。