宮古空港で猛烈な風45.3m/s

台風8号は非常に強い勢力を維持しながら、先島諸島に最も接近しており、各地で暴風が吹き荒れています。きょう午後3時過ぎには宮古島市の下地島空港で最大瞬間風速44.8m/s、午後7時には宮古空港で45.3m/sの猛烈な風を観測しました。

先島諸島はあす未明にかけて海上は猛烈にしけ、樹木や電柱が倒れるほどの猛烈な風が吹くおそれがあります。また、あす明け方にかけて1時間に60ミリの非常に激しい雨が降る見込みで、大雨による土砂災害にも厳重な警戒が必要です。不要不急の外出は控えてください。

▼日最大瞬間風速(沖縄)
・宮古島市 鏡原 45.3m/s
 (7月の1位の値を更新)
・宮古島市 下地 44.8m/s
 (7月の1位の値を更新)
・宮古島市 宮古島 43.1m/s
・竹富町 大原 40.2m/s
・石垣市 石垣島 39.8m/s

▼10日(火)16時の赤外画像
 台風の眼が宮古島を通過

(出典;気象庁)





※PCから閲覧の方はTOPページへ遷移します。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。