九州 猛烈な雨のおそれ

九州付近に停滞する梅雨前線に向かって、暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が不安定となっています。九州地方では、29日明け方から昼頃まで雷を伴った非常に激しい雨が降り、南部を中心に局地的に猛烈な雨が降るおそれがあります。

img30e

熊本県と鹿児島県には引き続き土砂災害警戒情報が出されており、土砂災害に厳重な警戒が必要です。身の周りの状況を確認し、早めの避難を心掛けましょう。

[前兆現象を見つけたら要警戒]

・地面にひび割れができる

・地鳴り、山鳴りがする

・急に川の流れが濁り流木が混ざっている

・がけから水が湧き出ている

などなど、普段と様子が異なる場合は避難を!

土砂災害_前兆

(2016/06/28 22:00更新)


miyahara_winter

みやっちです。29日の九州の雨のピークは午前中ですが、雨が弱まっても土砂災害には引き続き警戒してください。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。