宮崎県えびの市で400ミリ超の大雨

梅雨前線に向かって活発な雨雲が流れ込んだため、九州~東海地方の太平洋側では局地的に非常に激しい雨が降り、広い範囲で大雨となりました。
宮崎県えびの市では24時間雨量が400ミリを超え、熊本県阿蘇市や鹿児島県さつま町、和歌山県龍神村なども300ミリを超えて6月の観測史上最大の雨量を記録しました。

■24時間降水量(19:50現在)
・宮崎 えびの  422.0ミリ
・熊本 湯前横谷 344.5ミリ
・鹿児島 大口  331.5ミリ
・熊本 阿蘇乙姫 318.0ミリ
(6月の1位の値を更新)
・鹿児島 さつま柏原 312.0ミリ
(6月の1位の値を更新)
・和歌山 龍神  300.5ミリ
(6月の1位の値を更新)

前線はあす21日(木)朝にかけて本州の南海上まで南下するため、あすは日本海側から日差しが戻りますが、これまでの大雨で地盤が相当緩んでいますので、土砂災害に警戒を続けてください。九州南部ではあす以降も前線がかかり続ける見込みで、屋久島や種子島はあさって22日(金)夕方にかけて350~450ミリの大雨が予想されています。早めに避難を始めるなど安全確保に努めてください。

九州南部は依然活発な雨雲




(みやっち)

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

そっと静かに一人宇宙に思いを馳せるロマンチスト。学生時代には水の循環過程を研究していた。地球の仕組みや環境問題に心を寄せ、ヒグラシの鳴き声や川のせせらぎにシアワセを感じるシャイな好青年。“健康気象アドバイザー”でもある。現在はファインダー越しに季節の移ろいを追う姿が各地で目撃されるようになった。