九州北部再び大雨 災害警戒

昨日記録的な豪雨に見舞われた九州地方は、きょうも前線に向かって湿った空気が流れ込むため、西の海上から次々と発達した雨雲がかかる見込みです。けさは長崎市で1時間82mm/hの猛烈な雨を観測しました。

地震や昨日の大雨で地盤が相当緩んでいますので、土砂災害には厳重に警戒して下さい。また六角川など河川の水位が上昇し氾濫の危険が高まっているところがあります

前線の活動は活発で、ゆっくり北上傾向にあるため、九州北部地方を中心に今夜にかけて断続的に非常に激しい雨となるでしょう。午後いったん小康状態になっても、夕方以降再び雨脚が強まり、あす朝6時までの24時間には最大200mmの大雨が予想されます。

雨雲は東に移動するため四国や中国地方も激しい雨に警戒してください。
また小笠原の青ヶ島にも土砂災害警戒情報が出ています。

土壌中にはたっぷり雨が染み込み、少しの雨でも土砂災害が起こる可能性があります。早めの避難を心がけたいですが、夜間や降雨中であれば無理して屋外に避難せず、安全な建物の上階かつ斜面から離れた側などに身をうつして安全を確保しましょう。

きょう日中の降雨分布予想

きょう日中の降雨分布予想

異音がしたら要注意

異音がしたら要注意

(2016年6月22日 09:00更新)


iwamoto_winter

がんちゃんです。

前線が横たわる気圧配置に大きな変化はなく、九州地方を中心に危険な豪雨が断続する状況が続き、災害が懸念されます。
引き続き土砂災害や河川の氾濫などには厳重に警戒してください。
関東の水がめで貯水率が低下しているのとは対称的です。

シェア!

ABOUTこの記事をかいた人

“季節を五感で生きる予報士”
カメラで雲や風景などをおさめるのが日課。
春はお花見、夏は登山、秋は紅葉、冬はスノボ三昧!(まれに骨折あり)
研究対象は積乱雲で、気象庁の竜巻突風予測情報検討会の委員を歴任。
どんなに寒くてもコートを着ない薄着志向。